巨人4連勝、マイコラス8回2失点&今季1号で9勝目、亀井は2発含む6打点

ヤクルトは2年目原が10安打と打ち込まれて7敗目

 巨人は1日、敵地でのヤクルト戦に10-3で勝利し、4連勝を飾った。先発マイコラスが8回2失点&今季初アーチと投打で活躍。9勝目を飾り、2年ぶり2桁勝利に王手を掛けた。

 立ち上がりが不安定だったマイコラスは、坂口、山崎に2連続安打を許した後、バレンティンを一塁併殺に打ち取ったが、山田に四球で2死一、三塁。続くリベロに右翼へ二塁打を運ばれ、2点を失った。だが、2回2死で原に右前打を許した後は、5回に1四球を与えたものの、6回1死から山田の三塁内野安打までヒットなし。8回を投げて6安打10奪三振2四球2失点と好投した。

 打席でも、2点を追う3回先頭で今季初アーチ。すると、マイコラスの投打にわたる貢献に刺激されたのか、亀井が2打席連続アーチなどの5安打6打点と大爆発。陽、坂本も3安打を記録するなど、チームは18安打10得点で今季初の2桁得点を記録した。

 ヤクルトは先発の原が5回を投げて10安打4四死球5失点でKO降板。救援陣も巨人打線の勢いを止められずに大敗を喫した。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)