球場の変化、打線の援護…ダルビッシュはドジャース移籍でさらに輝く?

球場の変化、打線の援護…ダルビッシュはドジャース移籍でさらに輝く?

レンジャーズからドジャースへと移籍するダルビッシュ有【写真:Getty Images】

ダルビッシュがドジャースへ移籍、「素晴らしい活躍を見せる」との予想も

 トレード期限ぎりぎりでレンジャーズからドジャースへ電撃移籍となったダルビッシュ有投手について今後の活躍を予想する声が上がっている。MLB公式サイトが伝えている。

 メジャー6年目を迎えた右腕は7月31日(日本時間8月1日)の最終日に、外野手と二塁手のウィリー・カルフーン、右腕A・J・アレクシー、内野手のブレンドン・デービスの3選手とのトレードでドジャース移籍が決定。本人は会見の席で「(トレード期限となった現地時間)3時手前くらいで決まりそうって話があったので心の準備はしてた」と振り返り、「レンジャーズでも2012年から6年目でチームメイトやファンの方々にお世話になって感謝しています」と話した。

 レンジャーズは現在50勝55敗でア・リーグ西地区4位。一方、ドジャースは74勝31敗でメジャー最高勝率.705を誇り、ナ・リーグ西地区首位を独走している。先発陣の層が厚いにもかかわらず、ダルビッシュの補強に踏み切った裏には、1988年以来、29年ぶりとなるワールドシリーズ制覇への強い思いがにじむ。

 MLB公式サイトでは今回の補強について「ドジャースがダルビッシュを獲得、投手陣をアップグレード」との見出しで特集。「球界最高の球団ドジャースが完全に思い切った動きを見せた」とレポートした。

 記事では両球団の間のトレード自体が珍しいことに触れ、ドジャースがダルビッシュについて高校時代から視察していたことも紹介した。また、レンジャーズがエースの放出を決断した要因として、今オフに右腕との6年契約契約が満了し、フリーエージェント(FA)となることを挙げ、ダルビッシュに対してクオリファイング・オファーを出してこれを拒否された場合でも、3巡目前の指名権しか補償されないことにも言及。今回の3選手を獲得する方が「価値のあることだった」としている。

レンジャーズで少なかった援護点

 一方、ダルビッシュに関しては「素晴らしい活躍を見せるだろう」と予想。その理由についてドジャースの本拠地ドジャー・スタジアムが「投手有利の球場」であることを挙げている。

 今回の記事で報じているように、メジャーでは投手有利、不利とされる球団は存在し、レンジャーズの本拠地であるアーリントン・スタジアムは投手不利とされている。一方のドジャー・スタジアムは本塁打が出にくいことで知られ、その形状も手伝って投手有利とされている。ダルビッシュはそのアーリントンで通算122試合に登板し、52勝39敗、防御率3.42の好成績を収めており、ドジャー・スタジアムを本拠地にした場合はさらなる飛躍を遂げると予想されている。

 また今回の特集で言及はしていないが、ダルビッシュが今季6勝9敗と勝ち星を伸ばせていない要因の一つして援護が少なかったことも影響しており、1試合当たりの平均援護点3.77は規定投球回に達している投手の中で61位。一方、ドジャースで先発ローテを担う投手を見ると、クレイトン・カーショーが5.29、アレックス・ウッドと前田健太が5.69、ブランドン・マッカーシーが5.38と軒並み5点台に達しており、ダルビッシュはこれまで以上に打線の援護を受けられるかもしれない。

 ワールドシリーズ制覇への貴重なピースとして迎え入れられたダルビッシュ。オフにFAとなる右腕はその期待に見事に応えて、その価値を証明できるか。新天地での飛躍が期待される。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)