パの7月は“3強3弱” ホークス・サファテは圧巻の月間11セーブ

パの7月は“3強3弱” ホークス・サファテは圧巻の月間11セーブ

ソフトバンクのデニス・サファテ【写真提供:福岡ソフトバンクホークス】

ソフトバンク、西武、楽天の3球団が勝率6割以上

 プロ野球も7月の戦いが終わり、いよいよ終盤戦に突入していく。6か月のシーズンのうち4か月が終了。そろそろ今季の大勢が判明しつつある。

【パ・リーグ7月の成績】

ソフトバンク 勝率.750(20試合15勝5敗0分)
西武 勝率.696(23試合16勝7敗0分)
楽天 勝率.650(20試合13勝7敗0分)
オリックス 勝率.381(21試合 8勝13敗0分)
ロッテ 勝率.350(20試合7勝13敗0分)
日本ハム 勝率.182(22試合 4勝18敗0分)

 ソフトバンク、西武、楽天の3球団が勝率6割以上、残る3球団が3割台以下と“3強3弱”がはっきりしている。

【打者5傑】

○安打
1秋山翔吾(西)33
2浅村栄斗(西)30
3銀次(楽)28
4西川遥輝(日)26
5金子侑司(西)24

○本塁打
1中村剛也(西)9
2ウィーラー(楽)8
2アマダー(楽)8
4レアード(日)7
5ロメロ(オ)5

○打点
1秋山翔吾(西)19
2中村剛也(西)18
3浅村栄斗(西)17
3ウィーラー(楽)17
5アマダー(楽)15

○盗塁
1源田壮亮(西)8
2金子侑司(西)7
3西川遥輝(日)6
4岡大海(日)5
5外崎修汰(西)3
5田中賢介(日)3

○打率(規定打席以上)
1柳田悠岐(ソ).393
2ペゲーロ(楽).386
3銀次(楽).364
4秋山翔吾(西).351
5浅村栄斗(西).337

○RC(Run Create)打者の総合指標 安打、長打、四死球、盗塁、犠打、犠飛を加味
1秋山翔吾(西)20.83
2柳田悠岐(ソ)19.88
3浅村栄斗(西)18.39
4ウィーラー(楽)17.38
5金子侑司(西)16.28

 西武・秋山は最多安打、最多打点、RC1位、中村剛也はトップの9本塁打を放った。またソフトバンクの柳田悠岐は首位打者となっている。

投手は…

【投手5傑】

○勝利
1菊池雄星(西)3
1福山博之(楽)3
1上沢直之(日)3
1千賀滉大(ソ)3
1多和田真三郎(西)3
1東浜巨(ソ)3

○セーブ
1サファテ(ソ)11
2松井裕樹(楽)6
2増田達至(西)6
4平野佳寿(オ)3
4内竜也(ロ)3

○ホールド
1森唯斗(ソ)8
1岩嵜翔(ソ)8
3シュリッター(西)7
4黒木優太(オ)6
4牧田和久(西)6

○奪三振
1岸孝之(楽)36
2菊池雄星(西)34
3西勇輝(オ)28
4則本昂大(楽)26
5バンデンハーク(ソ)24
5サファテ(ソ)24

○防御率(規定投球回数以上)
1東浜巨(ソ)1.33
2上沢直之(日)1.73
3千賀滉大(ソ)2.25
4ディクソン(オ)2.35
5唐川侑己(ロ)2.63

○PR(PitchingRun)投手の総合指標:(リーグ平均防御率-投手の防御率)×投球回で算出

1菊池雄星(西)62.85
2上沢直之(日)49.12
3東浜巨(ソ)46.61
4多和田真三郎(西)45.40
5山ア福也(オ)42.89

 リーグ防御率は3.62。6人が月間最多の3勝。西武・菊池は3試合22.1回で自責点2.10、1完封を記録した。オリックスの山アも1完封。救援ではソフトバンク・サファテが圧倒的な11セーブ、楽天・松井裕樹は今月10回登板して自責点0だったが、故障で登録を抹消された。(広尾晃 / Koh Hiroo)

関連記事(外部サイト)