滅多に出ないランニング本塁打、阪神上本が今季初、現役最多は松井稼頭央

滅多に出ないランニング本塁打、阪神上本が今季初、現役最多は松井稼頭央

楽天・松井稼頭央【写真:編集部】

日本プロ野球第1号本塁打もランニングホームラン

 8月1日にマツダスタジアムで行われた広島ー阪神戦の7回1死、阪神の上本博紀が広島の中田廉から左中間にランニングホームランを放った。これは両リーグ通じて今季初の記録だった。

 昨年9月19日の西武ー楽天戦(西武プリンスドーム)で、7回2死に楽天の茂木栄五郎が西武の多和田真三郎からランニングホームランを打って以来の出来事だった。

「ランニングホームラン」は和製英語だ。アメリカでは「inside-the-park home run」と言う。
球場の外野に明確な仕切りがなかった時代は、ホームランはすべてランニングホームランだったが、外野にフェンスが設置され、それをノーバウンドで越すとホームランというルールが誕生。結果、ランニングホームランは減少した。

 日本のプロ野球第1号本塁打は、1936年5月4日、甲子園球場で大阪タイガースの藤井勇が、東京セネタースの野口明から左中間に記録したものだが、これもランニングホームランだった。当時の甲子園は、両翼110M、左中間は128Mもあったとされ、滅多に柵越えのホームランは出なかった。

 公式記録には、柵越えのホームランとランニングホームランの区別はない。公式記録員はスコアブックにメモをするが、戦前には記載されていない例も多いので、ランニングホームランの総数は分からない。ただボールが粗悪で飛ばなかった時代、本塁打はかなりの割合でランニングホームランだったと思われる。

楽天茂木は昨年1シーズン2本を記録

 各地の球場が両翼90M、中堅110Mクラスとなった1950年以降は、ランニングホームランはシーズン通じて数本しか出ない、レアな記録になった。

 1990年代に入ると、日本の球場もMLB並みの両翼100M、中堅120Mに拡張されたが、ランニングホームランは増えていない。外野の守備能力が向上したためと考えられている。

 ランニングホームランの最多記録は、判明している限りでは木塚忠助(南海・近鉄)と杉山悟(中日・国鉄・近鉄)の5本、続いて広瀬淑功(南海)、福本豊(阪急)の4本となっている。ランニングホームラン3本は長嶋茂雄(巨人)など9人が記録しているが、現役では松井稼頭央がその1人だ。長嶋茂雄は新人の1958年、西鉄との日本シリーズでもランニングホームランを打っている。

 ランニングホームランを1シーズンに2本打った選手は11人いるが、現役では楽天の茂木栄五郎がその1人。昨年9月19日のランニングホームランに加え、8月25日ソフトバンク戦(ヤフオクドーム)でも、9回1死に中継ぎスアレスからランニングホームランを記録している。

 滅多にお目に掛かれない記録だが、外野に転がるボールを野手が必死の連係でホームへ返球しようとする中、走者は快足を飛ばして1点を記録するためにホームを狙う。野球の原点ともいうべきスリリングな一打だ。

 果たして、今季はもう1本見ることができるだろか。期待したい。(広尾晃 / Koh Hiroo)

関連記事(外部サイト)