カブス左腕レスターが現役左腕4人目2000奪三振達成、自身初本塁打で祝う

カブス左腕レスターが現役左腕4人目2000奪三振達成、自身初本塁打で祝う

2000奪三振を達成したカブスのジョン・レスター【写真:Getty Images】

サバシア、ハメルズ、カーショーに次ぐ現役4人目の左腕

 カブスのエース左腕ジョン・レスター投手が1日(日本時間2日)、本拠地でのダイヤモンドバックス戦でメジャー通算2000奪三振を達成した。さらに3回の攻撃ではキャリア初となるホームランを左中間席に運び、節目到達に華を添えた。

 通算1991奪三振でマウンドに上がったレスターは、初回から「K」を並べた。初回に2つの三振の奪うと、2回は3死すべてが三振。3回にも2つを加えた。そして4回、デスカルソを見逃し三振に仕留め、通算1999奪三振まで迫ると、1四球の後でラインハイマーをカットボールで空振り三振。この日9個目の三振で、2000奪三振の節目にたどり着いた。

 メジャー史を振り返っても、この金字塔に到達した左腕はレスターを含め25人だけ。現役左腕では、サバシア(2803奪三振)、ハメルズ(2170奪三振)、カーショー(2086奪三振)に続く4人目の快挙となった。球団公式サイトによると、レスターはこの快挙について「現役を退いた時に、ゆっくりと全てを振り返りたい。多分、自分の子供たちに、お父さんはそこそこの仕事をしたんだって知らせてくれるんじゃないかな」とジョークを交えて話したという。

自身初本塁打も「あのホームランを勝利の興奮と代えたいくらい」

 誰もが驚いたのは、この日自ら祝砲を打ち上げたことだ。3回2死一塁の場面で打席に立つと、ダイヤモンドバックス先発コルビンの5球目をフルスイング。打球は弧を描きながら、左中間スタンドに飛び込む、キャリア初本塁打となった。

 7月にはキャリア初盗塁を決めるなど、最近は打席での貢献度もアップ。記事によれば、マドン監督は「あのスイングを見たか?非常にいい打撃で、芯で捉えられていた。技術的にはいいスイングをしているんだ」と、ベテラン左腕の打撃を褒めたそうだ。

 だが、レスターは5回先頭に死球を当てると2連打で1失点。なおも無死二、三塁の場面で勝利投手の権利を得ないままに降板を余儀なくされた。チームは16-4と大勝したものの、ベテラン左腕は試合後に「あのホームランを勝利の興奮と代えたいくらいだ」と、先発としての仕事を果たせなかったことに悔しさをにじませたという。

 両リーグでワールドシリーズ優勝、ノーヒットノーラン達成、2000奪三振など、さまざまな功績を重ねてこられたのも、自身に対する厳しさや勝利への執着心があるからなのかもしれない。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)