ドジャースは「勝者」レンジャーズは「敗者」…米メディアがトレード格付け

ドジャースは「勝者」レンジャーズは「敗者」…米メディアがトレード格付け

レンジャーズからドジャースへ移籍したダルビッシュ有【写真:Getty Images】

ドジャースは1988年以来の世界一へ大きく前進「より強力に」

 現地時間7月31日のトレード期限を前に去就が注目されたダルビッシュ有投手は、レンジャーズからドジャースへのトレード移籍が決まった。米東部時間16時の締め切り時間ギリギリに決まった“駆け込みトレード”は、日米を震撼させるビッグニュースとなったが、米スポーツ専門局「ESPN」電子版ではトレードの勝者と敗者を格付けする企画を展開。日本人右腕を放出した古巣と、獲得したワールドシリーズ優勝候補では、はっきりと明暗が分かれた。

「トレード期限の勝者と敗者」と題した格付け企画で、ダルビッシュを獲得したドジャースは「勝者」に格付けされた。シーズン114勝ペースと絶好調のドジャースは、腰痛で離脱中のエース左腕カーショーがキャッチボールを再開するなど、復帰への見通しが明るい中でダルビッシュを獲得。「最近先発した試合の10失点は忘れよう。ダルビッシュは依然としてエリートの先発投手だ。速球のモーションが盗まれていたという報道で、7月に数回あった炎上投球に説明がつく」と評価した。前回登板の7月28日マーリンズ戦ではキャリア最多10失点を喫したが、現地報道によれば速球を投げる際に両手が一瞬止まる癖がバレていたという。

 ドジャース先発陣は人数が揃っているように見えるが、カーショー以外にもウッド、ヒル、前田健太らに怪我の不安があるため「保険を必要としていた」という。右肘靭帯損傷の手術から完全復活した日本人右腕に加え、パイレーツからワトソン、レッズからシングラーニと救援左腕2人を獲得。「球界最高のチームは選手層が厚くなり、より強力になった」と高評価だ。

 一方、ダルビッシュを放出したレンジャーズは「敗者」と格付けされた。最も問題視されているのは、ダルビッシュの女房役だったジョナサン・ルクロイ捕手のロッキーズへのトレードだ。1年前に高評価を受けていた若手有望外野手と引き換えにブルワーズから獲得したレンジャーズだが、昨季は地区シリーズでブルージェイズの前に敗れ、今季はプレーオフ進出を諦め、ロッキーズにただ同然でルクロイを放出。結局は大きな損失しか残らなかったとしている。

レンジャーズは「そこまで悪い見返りではない」が…

 ダルビッシュのトレードでも十分な見返りを手に入れられなかった。ドジャースからカルフーン内野手ら3選手を獲得したが、獲得を狙っていた屈指の有望株ベルドゥーゴ外野手、ビューラー投手、アルバレス投手は含まれず。最も期待できるカルフーンは、今季3Aで打率.298、23本塁打の数字を残しているが、関係者の話によると守備は期待できないそうだ。「そこまで悪い見返りではない」としながらも「トップ50に入る有望株を獲得できれば、さらによかっただろう」としている。

 一方、ア・リーグ西地区を独走するアストロズも「敗者」に格付けされた。ブルージェイズとのトレードで、青木宣親外野手を放出してベテラン左腕リリアーノを獲得したが、先発でも救援でも「少なくともあと1人獲得すべきだった」と指摘。首の負傷から復帰が遅れているエース右腕カイケルを引き合いに出しながら「ピッチャー補強の失敗は心残りだ」と評価している。

 この他には、アスレチックスからヤンキースにトレードされた右腕グレイ、トレード期限前に補強を済ませたカブスとダイヤモンドバックス、ナショナルズの救援陣、トレードされたプロスペクトたちが「勝者」と格付けされた。

 また、オリオールズに加え、トレード話が浮上しながらオリオールズに止まっている守護神ブリトン、レッドソックスらが「敗者」の烙印を押された。

 だが、真の勝者が決まるのは、ワールドシリーズが終わった時。果たして、ダルビッシュを獲得したドジャースは、1988年以来となるワールドシリーズ制覇を遂げ、真の勝者となれるのだろうか。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)