ドジャース監督、ダルビッシュの英語に感銘「とても知的な男だ」

ドジャース監督、ダルビッシュの英語に感銘「とても知的な男だ」

ドジャースへ移籍したダルビッシュ有【写真:Getty Images】

ロバーツ監督、ドジャース合流のダルビッシュに大きな期待

 ドジャースのデーブ・ロバーツ監督がレンジャーズからトレードで加入したダルビッシュ有投手の野球以外の能力も称賛している。

 ダルビッシュは2日(日本時間3日)、新天地ドジャースに合流。ダルビッシュと会談を持った指揮官はこの日の敵地ブレーブス戦を前に報道陣の取材に応じた。

「ユウと彼の通訳と会った。私の第一印象は本当にいいヤツ。ユウもここに移籍することができて喜んでいた。彼がドジャースの一員になれて喜んでいた。子供の頃からドジャースでプレーすることが夢で、それが現実になったという。クラブハウスのみんなもユウと溶け込み始めている。私が感銘を受けたのは彼の英語だ。発音がすごくクリアで、とても知的な男だ」

 ロバーツ監督はこう話し、渡米6年目を迎えた右腕の英語力に驚嘆の言葉を漏らした。

「努力家」、「フィジカル強烈」、「すごくエキサイティング」

 日本人右腕には1988年以来となるワールドシリーズ制覇への最後のワンピースとして大きな期待も寄せている。

「ブルペン投球も見たけれど、とても集中している。努力家でもある。フィジカルも強烈だ。ブルペンでのピッチングを見るだけでも、すごくエキサイティングだ」

 レンジャーズではエースだったが、ドジャースにはメジャー最強左腕クレイトン・カーショーがエースとして君臨。新天地で2番手へと役割が変わるが、指揮官にはそこに対する心配はないという。「彼との短い会話では、彼はこのチームの一員になりたいということだった。どんな役割でもいい。彼は中4日でドジャースの先発として投げ続けたいということだった。彼はそれ以外のことに眼中にないと思う」と話した。

 新天地への合流で指揮官に対して最高の印象を植え付けた様子のダルビッシュは4日(日本時間5日)の敵地メッツ戦で待望のドジャース初先発を果たす。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)