楽天則本昂「今年からナックルカーブ」 “新球”駆使しプロスピAで松井を圧倒

楽天則本昂「今年からナックルカーブ」 “新球”駆使しプロスピAで松井を圧倒

「プロスピA」で楽天・則本昂大と松井裕樹の対戦が実現【画像:(c)Konami Digital Entertainment】

楽天則本昂と松井が人気モバイルゲーム「プロ野球スピリッツA」で直接対決

 現役選手にも人気を誇るコナミデジタルエンタテインメント(以下KONAMI)のモバイルゲーム「プロ野球スピリッツA」で、楽天の則本昂大投手、松井裕樹投手の対戦が実現した。投手陣の顔とも言える2人の激戦の結果は……。KONAMIがYouTube「パワプロ・プロスピ公式チャンネル」で実際の対戦映像を公開している。

 3イニング制で行われた今回の対決。則本昂軍が先発のマウンドに送ったのはもちろん、エース則本昂。対する松井軍は田中将大投手を起用。初回は両チーム無得点に終わり、試合が動いたのは2回。松井軍が1死一、二塁の好機を作ると、嶋の一ゴロが併殺崩れとなり1点を先制。さらに続く茂木の右前タイムリーでこの回2点を奪った。

 それでも則本昂軍はその裏。1死一、二塁から松井稼、ウィーラーの連続タイムリーで逆転。さらに鉄平の右前タイムリーも飛び出しこの回一挙4点を奪い、試合の主導権を握った。最終回は守護神・松井が無失点に封じ、則本昂軍が逆転勝利を収めた。

 勝因を問われた則本昂は「失投を逃さなかったこと」とご満悦。さらに「変化球は今年からナックルカーブに変わるので、それを(ゲームでも)変更してもらえれば」と、自身の“新球”に注文を付けた。

 KONAMIの「パワプロ・プロスピ公式チャンネル」では、両投手の対戦シーンだけでなく、則本昂がプロスピを使用して興奮した瞬間が「王さん(ソフトバンク会長)が出た時」と語るなど、秘蔵エピソードもたっぷり収録されている。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)