侍ジャパンU-12代表のシンデレラボーイ、大会中に掴んだ“エースで4番”

侍ジャパンU-12代表のシンデレラボーイ、大会中に掴んだ“エースで4番”

チャイニーズ・タイペイ戦では5回に3ランを放った山口滉起【写真:Getty Images】

最大の敵チャイニーズ・タイペイ戦で投打に活躍の山口滉起

 台湾・台南市で開催されている「第4回 WBSC U-12ワールドカップ」。悲願の世界一を目指す侍ジャパンU-12代表は、いま、この大会を戦っている。2日にはダブルヘッダーを戦い、2試合目では2大会連続で準優勝に輝いている開催国チャイニーズ・タイペイと対戦。激戦の末に大逆転勝利を飾った。

U-12W杯が開幕へ 仁志監督が明かす、侍ジャパン初優勝への鍵「確率のいい戦略を」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 オープニングラウンド・グループAで最大の敵と目されていたチャイニーズ・タイペイは、この試合まで4戦全勝。しかも4戦連続無失点と、その力の高さをいかんなく発揮していた。この強敵を沈める勝利の立役者となったのは、この日「4番・三塁で」起用された山口滉起(大阪東リトル)だった。

 4点ビハインドで迎えた5回。1死一、二塁の場面で打席に入ると、マウンドに上がったばかりの左腕チェン・ユーエンの外寄りのスライダーを捉えた。台南の夜空にアーチを描いた打球は右中間フェンスの向こう側へと消えていった。1点差へと詰め寄る3ラン。起死回生の一撃を放った。チームが逆転に成功した6回1死二、三塁でもリードを広げる右前適時打。2安打4打点。山口のバットが無ければ、この逆転劇は生まれなかった。

 さらに、山口は投げても、チームを救った。4回2死一、三塁でマウンドへ。初球にダブルスチールを決められ、1点を許したが、その後は120キロ超のストレートを軸に、強打のチャイニーズ・タイペイ打線をねじ伏せた。5回には2者連続三振を奪って3者凡退。逆転に成功した直後の最終回は力んで2つの四球を与え、1点を返されたが、リードを守り抜いた。

大会中に勝負強さを発揮、控えから掴んだエースで4番

 投打に渡る活躍で、侍ジャパンU-12代表を劇的な逆転勝利に導いた山口。仁志監督は「こっちに来てからエースで、4番になった山口が非常に心強い存在になってくれた。ホームランもそう、最後のタイムリーヒットもそう、頼むぞという時にやってくれる」と、その勝負強さに目を細めていた。

 指揮官の言葉通り、大会当初は決してチームの中心を担う存在ではなかった。初戦のチェコ戦もスタメンではなかった。仁志監督は言う。

「ボールに力があるのは分かっていたんですけど、練習試合とかを見ても、どこでどう使おうかと考えていて。先発よりも後ろの方かなといった話もしてはいたんですけど、こっちもなんとなく力を把握しきれていなかったところがありました」

 立ち位置が大きく変わったのは、オープニングラウンド2試合目の29日・メキシコ戦だった。

 この日もベンチスタートとなった山口。5回1死一、二塁の場面で今大会初登板すると、1点こそ許したものの、ストレートは最速126キロをマーク。6回には3者連続空振り三振を奪う圧巻の投球を見せた。打っても、5回1死三塁で右中間への適時二塁打。

「メキシコ戦で彼の素晴らしいところ、スイングも素晴らしかったですし、ピッチングも素晴らしかった。そこで見せてくれたので、ちょっと山口中心で考えていこうかなと思いました」

 仁志監督は、背番号11をチームの中核に据えることを決めた。

憧れはDeNA筒香、仁志監督は高評価「大舞台で力を発揮できそうです」

 そして、チャイニーズ・タイペイ戦で本塁打を含む2安打4打点。投げても、2回1/3を1失点に抑え込んだ。憧れの選手は「(DeNAの)筒香選手。勝負強いところに憧れる」という山口だが、その筒香をも彷彿とさせる勝負強さを発揮した。

「スケールありますね。すごく、いい意味でエキサイトする選手。他の子達よりもすごく鼻息が荒くなるというか、前に進んで行く強さがある。大舞台で力を発揮できそうです。力はあります。精神的にも、体もまだまだ子供なところはたくさんありますけど、意識を強く、高く持っていけば、いい投手になると思います」と仁志監督は話す。

 U-12世代にしてストレートは120キロ中盤を誇り、チーム1、2を争うパワーも併せ持つ。瞬く間にエースで4番に上り詰めた山口滉起。将来性豊かな侍ジャパンU-12代表の面々にあって、そのスケール感は抜群。将来が楽しみな逸材である。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)