選手宣誓は滝川西の堀田主将、18人立候補で当たりくじ「正直驚いている」

大会5日目の第1試合で強豪・仙台育英と初戦

 7日に開幕する第99回全国高校野球選手権大会の組み合わせ抽選会が、大阪市内で行われた。注目の選手宣誓は18人の立候補し、抽選の結果、滝川西(北北海道)の堀田将人主将が大役を務めることになった。

 19年ぶり3回目の甲子園出場を決めた滝川西の主将が、見事くじを引き当てた。ステージ上で笑顔を見せた堀田は「正直驚いている。49校の代表として頑張りたい」と話した。選手宣誓の内容はまだ決めていないそうで「監督は仲間と話し合って決めていきたいです。(イメージは)できていません」と照れくさそうに話した。

 滝川西は11日、大会5日目の第1試合で2年ぶり26回目の出場を決めた強豪・仙台育英(宮城)と初戦を戦う。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)