鮮烈デビューのダルビッシュ、ドジャース監督が称賛「期待の全てに応えた」

鮮烈デビューのダルビッシュ、ドジャース監督が称賛「期待の全てに応えた」

7勝目を挙げたドジャース・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

7回3安打無失点10Kの好投、敵将も驚嘆「本当に、本当に良かった」

 4日(日本時間5日)のメッツ戦で鮮烈なデビューを果たしたドジャースのダルビッシュ有投手に、両軍監督が賛辞を送っている。

 レンジャーズからトレード期限ぎりぎりで移籍した右腕はこの日、移籍後初のマウンドに上がった。レンジャーズでは味方打線の援護が少なかったことも影響し、6月12日のアストロズ戦を最後に未勝利。自身5連敗を喫していたが、新天地デビューでは強烈な輝きを放った。

 初回、テイラーの先頭打者弾で1点のリードを得たダルビッシュはその裏、ヒットと四球で1死一、三塁のピンチを招いたが、グランダーソンの強烈なライナーにファインプレーを見せ、無失点で切り抜けた。するとリズムをつかんだのか、2回以降は安定した投球を披露。7回まで2桁の10奪三振を積み上げ、3安打無失点でマウンドを降りた。DH制ではないナ・リーグで打席にも立ち、3三振だったが、マウンドでは期待に応え、7勝目(9敗)。チームを6-0の勝利に導いた。

 この試合の特集記事を掲載したMLB公式サイトでは両軍監督が右腕を称賛する様子を紹介。ドジャースのデーブ・ロバーツ監督は「彼は我々は期待することをすべてやってくれた」とその投球を絶賛し、「C.T(クリス・テイラー)が先制点を奪い、ユウが登板する。安心だよ」とコメントした。

ロバーツ監督「彼はこの瞬間を楽しんでいた」

 また、7回99球の降板には「もう1イニング、いかせられると思った。言うまでもなくね」としつつ、「我々は多くの先発投手を抱えているから、少し長い目で見ている。将来、何が待ち受けているのか、そして彼をどのような立場に置くのがベストなのかをね」と今後の起用法を考慮しながらの交代だったことを明かした。

 さらに会見では「ユウが初登板にどれほど胸を高鳴らせていたのか言い表すことはできない。彼はこの瞬間を楽しんでいた。チームメートと共に、ドジャースでの先発登板に向けて楽しんでいたよ。スライダーは大丈夫だった。良くなっていったよ。チェンジアップ、カッター、ツーシーム、フォーシーム……、彼と我々は同じ考えを持っていた。1球1球に集中しようとしていた」とその投球内容を評価している。

 一方、ダルビッシュの前に沈黙したメッツのテリー・コリンズ監督もMLB公式サイトの特集の中で「ユウは今夜、本当に、本当に良かった」と驚嘆のコメントを残しており、「チャンスは多くなかった……彼らは並外れていたよ」と投打がかみ合ったドジャースに脱帽した様子だ。

 ダルビッシュは今季、6月7日にもメッツと対戦し、8回途中3安打3失点で勝敗はついていなかった。今季2度目の対戦では「21」の新しい番号を背負って圧巻の投球を披露。試合後の会見では「(ドジャース投手陣は)みんないいピッチングをしてるので、自分がいきなりトレードで来てめちゃくちゃだったらホントにヤバイなと思ってたので、いいピッチングができてよかったです」と安堵した様子で話した。

 注目の移籍後初マウンドを白星で終えたダルビッシュ。この勝利でさらに波に乗っていけるか。その活躍に大きな期待が寄せられている。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)