日ハム本拠地で連敗、栗山監督「本当にファンの皆さんに申し訳ない」

日ハム本拠地で連敗、栗山監督「本当にファンの皆さんに申し訳ない」

日本ハム・栗山英樹監督【写真:田口有史】

上原は5回5失点で3敗目

 日本ハムが6日の本拠地オリックス戦で2-5と敗れ、2連敗を喫した。先発の上原は5回7安打5失点で3敗目。打線は4回に3安打を集めて2点を奪ったが、5回以降は無得点に封じられた。本拠地・札幌ドームで連敗を喫した栗山英樹監督は「本当にファンの皆さんに申し訳ない」と肩を落とした。

――試合を振り返って。

「これだけ2日間入ってもらって、本当にファンの皆さんに申し訳ない。ただそれだけなので。言葉で謝るのではなくて、本当に楽しみなチームになっていくしかない。すみません」

――先発の上原投手について。

「投げっぷりは、スタートの仕方は凄くこれまでの経験を生かしながらという風に見えたけれど、やっぱりここ一番力が入った時にボールが思ったところにいかない、バッターが待っているところにいくとかそういうことも起こる。いろんなことも含めて、逃げる姿は見られなかったので、これも生かしてくれると信じています」

――田中賢介選手がタイムリーを放った4回には連打が出たが。

「あまりにもこういう攻撃がなさすぎるのでね、今年は。あれ1回じゃ今日も勝てないので、しっかりやります」

ドレイクが気迫あふれるプレー、「ああいう姿しか今必要なものはない」

――代打のドレイクがヒットを放ち、気迫のこもったヘッドスライディングもあった。

「尻に火がついているというか本当に必死にやってくれている。ああいう姿しか今必要なものはない。すごく一生懸命やってくれていると思います」

――中田選手が苦しんでいるように見えるが。

「みんな苦しんでいるので何とかしたいと思います」

――これから首位ソフトバンクと2位楽天との対戦に入っていくが、意気込みを。

「相手がどうのこうのよりも、まず我々の野球がしっかりできれば勝負になると信じているので、まずは我々のことをしっかりできるようにやっていきます」(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

関連記事(外部サイト)