ダルビッシュはやはり切り札 ド軍オッズ良化、世界一へ「不可欠」な存在!?

ダルビッシュ有がレンジャーズからドジャースに移籍 ド軍の優勝オッズが3.75倍に下落

記事まとめ

  • ダルビッシュ有がレンジャーズからドジャースに移籍し、初戦は7回3安打無失点だった
  • 6倍だったド軍のワールドシリーズ優勝オッズは、ダル加入翌日に3.75倍となっている
  • ダルはプレーオフに好影響を与えると見られ、『カーショー頼み』から脱却するという

ダルビッシュはやはり切り札 ド軍オッズ良化、世界一へ「不可欠」な存在!?

ダルビッシュはやはり切り札 ド軍オッズ良化、世界一へ「不可欠」な存在!?

ドジャース・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

「歴史的」な快進撃を続けるドジャース、ダルビッシュ獲得はさらなる上積みに

 レンジャーズからドジャースに移籍したダルビッシュ有投手は、4日(日本時間5日)のメッツ戦で鮮烈なデビューを飾った。7回3安打無失点10奪三振の快投には、デイブ・ロバーツ監督も「我々が期待することをすべてやってくれた」などと絶賛。さらなる活躍に期待は高まっているが、29年ぶりのワールドシリーズ制覇への切り札になることはできるのか。

 ブックメーカーのオッズでは、ダルビッシュ加入がドジャースにとってプラスになるとはじき出されている。ニューヨークの地元紙「デイリー・ニューズ」では、「ユウ・ダルビッシュの取引がワールドシリーズ優勝候補を圧倒する歴史的にアツいドジャースを作り上げる」と題した特集記事を掲載。その中で、米オンラインブックメーカー「ボバダ」のオッズの変化を伝えている。

 記事では、7月4日に6倍だったドジャースのワールドシリーズ優勝オッズが、ダルビッシュ加入翌日の8月1日に3.75倍に変化したと紹介。5日(同6日)までの50試合で、1912年のニューヨーク・ジャイアンツ以来となる43勝7敗という驚異的な勝率(.860)を誇るだけに、ドジャースのオッズが下がったことは当然とも言えるが、同紙は“ダルビッシュ効果”もあると見ている。

 一方で、ア・リーグ西地区首位を独走しながら、トレードでの大型補強は敢行しなかったアストロズのオッズは5.5倍で据え置き。アスレチックスからソニー・グレイ投手を獲得したヤンキースは、15倍から5倍になったという。

 同紙は、ドジャースのこの2か月の快進撃を「歴史的」と表現し、「彼らはばかばかしいほど簡単に見せた」と強さに脱帽。その上で、ダルビッシュ獲得はレギュラーシーズンというよりは、プレーオフで大きなアドバンテージになると指摘している。

ポストシーズンに好影響与えるダルビッシュの存在、“カーショー頼み”から脱却へ

「10月の全てが実質、登板間隔の短いカーショー頼みとなりワールドシリーズに至らない球団にとって、ダルビッシュの取引(トレード)は不可欠だった。来たるポストシーズン、エースの背中に問題が起こらないよう彼らは祈らなければならない」

 昨年まで4年連続で地区制覇を達成しているドジャースだが、ワールドシリーズ進出はなし。エースのメジャー最強左腕クレイトン・カーショー投手はレギュラーシーズンでフル稼働した後、プレーオフでは中3日でマウンドに上がり、結果を残せないでいた。シーズン中に途中離脱があった昨年は地区シリーズ初戦で勝利後、中3日で先発、中1日で救援、そして中2日でリーグ優勝決定シリーズに先発とポストシーズンで驚異的なペースでマウンドに上がったが、ドジャースはカブスの前にリーグ優勝決定シリーズで敗退。ただ、ダルビッシュが加入した今季は、現在背中痛で離脱中のカーショーに昨年までのような負担をかける必要がなくなったと、記事では見ている。

 日本人右腕を世界一への「切り札」として獲得したドジャース。29年ぶりのワールドシリーズへ、期待は限りなく高まっている。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)