青木宣親、古巣相手に3号逆転2ラン! 移籍後初HRもチームは逆転サヨナラ負け

ブルージェイズの青木宣親が古巣アストロズ戦で3号逆転2ランもサヨナラ負け

記事まとめ

  • ブルージェイズに移籍した青木宣親が、古巣アストロズ戦で移籍後初先発を果たした
  • 青木宣親は最初の2打席で三振を喫したが、7回に3号逆転2ランを打ちガッツポーズをした
  • しかし、ブルージェイズは9回に4失点し、逆転サヨナラ負けで連勝はならなかった

青木宣親、古巣相手に3号逆転2ラン! 移籍後初HRもチームは逆転サヨナラ負け

青木宣親、古巣相手に3号逆転2ラン! 移籍後初HRもチームは逆転サヨナラ負け

移籍後初本塁打を放ったブルージェイズの青木宣親【写真:Getty Images】

古巣アストロズ戦で移籍後初先発、7回に右中間へ逆転2ラン

 ブルージェイズ青木宣親外野手が6日(日本時間7日)の敵地アストロズ戦で移籍後初本塁打を放った。1点追う7回の場面で古巣相手に逆転の3号2ランをマーク。試合は終盤までブルージェイズが3点をリードしたが9回裏に4失点し、6-7と逆転サヨナラ負けを喫した。

 7月31日(日本時間8月1日)のトレード期限でアストロズから加入した青木はこの日、「8番・左翼」で移籍後初スタメン。最初の2打席で三振を喫したが、見せ場は2-3と1点を追う7回に巡ってきた。先頭のピラーがヒットで出塁し、無死一塁。ここで3打席目を迎えた35歳のベテランは相手先発・ファイアーズの3球目を捉えて右中間スタンドへ逆転2ランを運んだ。

 一塁ベースを回った瞬間にスタンドインを確認すると、青木は小さくガッツポーズ。アストロズに所属した7月23日のオリオールズ戦以来となる一発となった。

 チームはその後も2点を加点し、終盤まで3点をリードしたが、9回に4失点し逆転サヨナラ負け。2連勝はならなかった。青木はこの日、4打数1安打1本塁打2打点で打率.271となっている。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)