「藤浪なくして優勝なし」― 元阪神右腕が語る32年ぶり日本一へのカギ

「藤浪なくして優勝なし」― 元阪神右腕が語る32年ぶり日本一へのカギ

阪神OBで元メジャーリーガーの藪恵壹氏【写真:岩本健吾】

5月27日の登録抹消以来、2軍で調整を続ける右腕

 ペナントレースも残すところ50試合を切った。優勝、そしてCS(クライマックスシリーズ)進出争いに拍車がかかってくる。セ・リーグは、昨季に続いて広島が独走状態を続ける一方、2位につける阪神も2年ぶりのCS進出、2014年以来の日本シリーズ進出、さらには1985年以来の日本一を目指し、熱戦を繰り広げている。

 今季はベテランと若手のバランスがよく、野手では主将・福留、鳥谷らの背中を、高山、大山らが懸命に追いかけている。投手陣では、先発ローテの軸・メッセンジャーの安定感に加え、8年目の秋山が成長。救援でも、10年目の桑原が防御率1点台を下回る鉄壁のリリーフを見せるなど心強い。

 CSに進出し、32年ぶりの日本一に輝くためには、ここから何が必要か――。阪神OBで元メジャー右腕の藪恵壹氏は「藤浪晋太郎でしょう。晋太郎なくして優勝なし、ですよ」と力強く言った。

 メッセンジャーと並ぶ先発ローテの軸として期待された藤浪だが、今季は開幕当初から制球が定まらず。今季初先発となった4月4日ヤクルト戦では5回を投げて9四死球を与えた。序盤に7試合で先発し、3勝3敗、防御率2.66。だが、7試合で36四死球、4暴投、被打率.233、1イニングあたりに出す走者の数を示すWHIPは1.65という高い数値を記録した。結果、5月27日に登録を抹消され、現在も2軍で再調整を続けている。

 2軍では一時中継ぎで調整したが、8月5日の中日戦に先発し、5回を投げて5安打1四球7奪三振2失点(自責1)の成績だった。2軍では、中継ぎも含め10試合に投げて、4勝2敗、防御率2.25。投球内容は改善されつつある。

「君のことを一番分かっているのは君自身」

「2軍では他の投手の試合を見てチャートをつけたり、いろいろな取り組みをしているようです。もちろん、彼も今までチャートをつけながら他人の試合を見て勉強してきたでしょう。だから、もう1つ大きく羽ばたくためには、むしろ自分の投球を分析する方がいいかもしれませんね。

 今季、絶好調の則本(楽天)が『トラックマン』を使って、自分の投球を分析しているという話は有名ですよね。自分の投球を見直して、球の回転数や回転角度の変化、投げた球の理由付けをすると、自分の投球を客観的に見直せていいんじゃないかと思います」

 藪氏がこう提言するのも、アメリカでプレーした経験、そして投手コーチをした経験があるからだ。

「僕がアメリカに行った時、最初に言われたのは『君のことを一番分かっているのは君自身。だから、教えてほしい』ということ。キャッチャーとも『君は何を投げるんだ?』という会話から始まる。つまり自分のことを分かっていないと話が成り立たないんですね。

 2軍で投手コーチをしていた時も、選手に『自分の投球をどう思う?』って聞くと、返ってくる答えは『はい』なんですよ(笑)。『はい』『いいえ』しか言わないから会話が成り立たない。自分の思っていることを言っていいんだよって言い続けましたね。

 僕自身、阪神時代にコーチだった佐藤義則さん(現ソフトバンク)には、思っていることは伝えましたね。もちろん意見がぶつかる時もありましたけど、佐藤さんは聞いてくれましたから。指導者がそういう環境作りをすることも大切ですよね」

「あれだけ才能ある投手ですし、藤浪は勝ち運のある投手ですから」

 中継ぎを経て、2軍では7月29日のオリックス戦から先発に復帰した藤浪。順調にイニング数を伸ばし、結果を残せれば1軍復帰もそう遠くないだろう。藪氏も「OBとして晋太郎には頑張ってもらいたい。大谷翔平、菊池雄星、藤浪晋太郎は、時代を代表する才能がありますから」と期待を込める。

「あれだけ才能ある投手ですし、藤浪は勝ち運のある投手ですから。昨季は黒星が先行(7勝11敗)したものの、デビューした2013年から3季連続2桁勝利ですし、勝率も5割を超えています。

 勝てるピッチャーは、試合の中で“ここを切り抜ければ”という勝負どころを分かっている。ある程度状態が戻ってきたら、1軍で投げさせても結果を残すと思います。

 ただ、もしかしたら阪神はCSのために、目玉として藤浪を温存している可能性もある。ペナントレースは広島が独走してますから、CSで勝ち上がればいい。それはそれで面白くなりそうですね」

 いずれにしても「晋太郎なくして優勝なし」。藤浪は首脳陣を納得させられるような状態まで復調するのか。どのタイミングで1軍合流を果たすのか。しばらく動向から目が離せなそうだ。(佐藤直子 / Naoko Sato)

関連記事(外部サイト)