【MLB】ハーパーが24才295日で通算150号、トラウトと全く同じ日に達成の偶然

【MLB】ハーパーが24才295日で通算150号、トラウトと全く同じ日に達成の偶然

ナショナルズのブライス・ハーパー【写真:Getty Images】

25才未満で150号達成はメジャー史上14人目

 ナショナルズの若き主砲ブライス・ハーパー外野手が7日(日本時間8日)、本拠地でのマーリンズ戦でメジャー通算150本塁打を放った。24才295日目での節目到達となったが、実はエンゼルスのマイク・トラウトが通算150号に達したのも24才295日目。さらに、この日はトラウトの26才の誕生日という偶然が重なった。米スポーツ専門サイト「ファンラグスポーツ」が伝えている。

 ハーパーが記念すべき一発を放ったのは、1-0で迎えた4回だった。先頭で打席に立つと、マーリンズ2番手デスパイネが投じた外角カーブをフルスイング。打球は大きな弧を描きながら左中間席に飛び込んだ。

 25才未満の選手が通算150号に達したのは、メジャー史上14人目の快挙。さらには、ハーパーの一歩先を歩きながら数々の記録を塗り替えているトラウトと、全く同じ日に達成するという偶然まで用意されていた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)