チーム事情を反映する1軍起用選手数…西武と広島は固定、ハムと燕は流動的

チーム事情を反映する1軍起用選手数…西武と広島は固定、ハムと燕は流動的

日本ハム・栗山英樹【写真:石川加奈子】

パ・リーグは西武が最少、ハムとロッテが最多競う

 NPBのペナントレースは、各球団の試合数が100試合に近づきつつある。そろそろ最終コーナーが見えてきた、という様相だ。先週のパ・リーグは新規で1軍登録されたのは楽天のオコエ瑠偉だけで、セも広島の佐藤祥万、阪神の森越祐人の2人だけだった。シーズン前半は週に10人以上の新規登録があったが、そろそろメンバーも固定されてきたということだろう。

 各球団が、今季1軍で起用した選手数を見ていくと、その球団の置かれた状況が端的に見えてくる。

 現在の順位に従い、これを見ていこう。割合(%)は各球団の育成を含む全選手数に占めるパーセンテージを示す。

○パ・リーグ
ソフトバンク 50人(投手23、野手27)54.9%
楽天 50人(投手25、野手25)61.7%
西武 45人(投手25、野手20)64.3%
オリックス 49人(投手25、野手24)65.6%
日本ハム 54人(投手28、野手26)77.1%
ロッテ 53人(投手24、野手29)74.6%

 一般的に、レギュラーが固定されるチームは強いと言われるが、それを反映していると言えるだろう。ソフトバンクは、育成を含めた全選手数が91人とパ最多だが、起用した選手は50人。全体の54.9%にあたる選手しか1軍でプレーできなかった。

 楽天、西武で60%台前半。西武は起用した選手数では最少で、故障者が少なく投打ともにレギュラーが固定されていた。それが今季の西武の強みと言えるだろう。

 対照的に、日本ハム、ロッテは70%を大きく超えている。故障者が相次いだこともあり、レギュラーが固定できず、とっかえひっかえ選手を試していたチーム事情が分かる。ちなみに、日本ハムは優勝した昨年はシーズン通して47人(投手24、野手23)しか使っていない。今季は選手起用で苦労していることが、ここからもよく分かる。

セ・リーグは広島と阪神が最少グループ、巨人も起用数は少ないが…

○セ・リーグ
広島 46人(投手23、野手23)66.7%
阪神 47人(投手22、野手25)69.1%
DeNA 53人(投手27、野手26)79.1%
巨人 47人(投手25、野手22)50.5%
中日 54人(投手27、野手27)68.4%
ヤクルト 55人(投手28、野手27)77.5%

 広島は起用数では最少で、投打ともに選手が固定されている。それに続くのが阪神だ。

 DeNAは昨年から「選手を試しながら戦う」方針になっているようで選手起用数は多い。この中から、現在首位打者争いをしている宮崎敏郎が出てきた。宮崎の今季初出場は代打で、4月17日には一度2軍落ちしている。若手が台頭しているチームでは、選手を固定せずに勝ち星を挙げるケースもあると言える。

 対照的なのが巨人だろう。両リーグ最多の93人という大所帯だが、1軍で使ったのは47人と半数強。ソフトバンクと比べても、分厚い選手層を十分に活用できていないようだ。

 パ・リーグ同様、下位に低迷する中日、ヤクルトは選手起用数が多い。

 この数字は「新人選手は、弱いチームに行った方が1軍で起用される可能性が高い」ことを証明しているとも言えそうだ。MLBでは9月になるとベンチ入りできる選手の枠が25人から40人に増える。これはセプテンバー・コールアップと呼ばれ、優勝争いから外れたチームでは若手選手に出場機会が与えられることが多い。NPBでは同様の制度はないが、高卒1年目で2軍で活躍した選手に、1軍出場の機会が与えられることもある。

 あと40数試合、これからどんな選手が1軍に上がってくるだろうか?(広尾晃 / Koh Hiroo)

関連記事(外部サイト)