MLBのトップ50選手、日本人は1人も入らず 「小さな巨人」が1位に浮上

MLBのトップ50選手、日本人は1人も入らず 「小さな巨人」が1位に浮上

アストロズのホセ・アルトゥーベ【写真:Getty Images】

毎月恒例のランキングを米メディアが発表、前回1位のジャッジは4位に後退

 現在、メジャーリーグで最も凄いプレーヤーは誰か。米「CBSスポーツ」電子版が、毎月恒例となっている選手の格付けランキングを掲載。野手、投手を分けず、現時点での成績などから総合的に選出している。

 これまではトップ100だったが、今回はトップ50を紹介。7月に「27人抜き」で51位に入っていたダルビッシュ有投手(ドジャース)は、50人以内には入らず。日本人プレーヤーは一人も選出されなかった。

 前回、初めて1位に上り詰めたヤンキースの“超新星”アーロン・ジャッジ外野手は陥落。後半戦に入ってから勢いが落ちており、4位となった。代わりに1位となったのは、アストロズのホセ・アルトゥーベ内野手。身長167.6センチの「小さな巨人」は、今季154安打、打率.364でリーグトップと絶好調で、16本塁打、63打点、24盗塁をマークしている。

 2位はマックス・シャーザー投手(ナショナルズ)、3位はクリス・セール投手(レッドソックス)とメジャーを代表する好投手が上位に入った。

 ランキングの上位20選手は以下の通りとなっている。

20、ジャスティン・ターナー内野手(ドジャース)
19、J・T・リアルミュート捕手(マーリンズ)
18、ルイス・セベリーノ投手(ヤンキース)
17、コリー・シーガー内野手(ドジャース)
16、ジオ・ゴンザレス投手(ナショナルズ)
15、ノーラン・アレナド内野手(ロッキーズ)
14、ザック・グリンキー投手(Dバックス)
13、ジョーイ・ボット内野手(レッズ)
12、バスター・ポージー捕手(ジャイアンツ)
11、クレイトン・カーショー投手(ドジャース)
10、ブライス・ハーパー外野手(ナショナルズ)
9、ポール・ゴールドシュミット内野手(Dバックス)
8、カルロス・コレア内野手(アストロズ)
7、ジョージ・スプリンガー外野手(アストロズ)
6、アンソニー・レンドン内野手(ナショルナズ)
5、アンドレルトン・シモンズ内野手(エンゼルス)
4、アーロン・ジャッジ外野手(ヤンキース)
3、クリス・セール投手(Rソックス)
2、マックス・シャーザー投手(ナショナルズ)
1、ホセ・アルトゥーベ内野手(アストロズ)(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)