高校野球で投球制限しても遅い―医師警鐘「指導者次第で子供の将来は変わる」

高校野球での投球制限やタイブレークの導入が検討されるが…

 今年も夏の風物詩、全国高等学校野球選手権が開幕した。各都道府県大会を勝ち抜いた49校が、“聖地”甲子園で熱戦を繰り広げる。来年で節目の100回を迎えるこの大会。頂点を目指して戦う球児たちの思いは100年の歳月を経ても変わることはないが、彼らを取り巻く環境は大きな変化を見せている。

 近年では「180球の熱投」「エースが3連投で投げきる」といった事実が伝えられると、従来の「感動した」という声が上がると同時に、「登板過多では?」「投球数の制限をするべき」といった声も多く聞かれるようになった。また、日本高校野球連盟では、来年の春夏大会から長い延長戦を避けるために「タイブレーク制度」の導入を検討中だという。

 こういった議論が始まった背景には、いくつかの理由がある。投手の場合、登板過多による肩肘の故障が、在学中、もしくはプロや大学、社会人へ進んだ後で多発する事実だ。怪我のために選手生命を短く終えてしまうこともあれば、野球を辞めた後ですら日常生活に支障をきたす場合もある。

 野球選手としてのピークを高校で迎えるべきではない、という考え方が広まってきたことも理由の一つだろう。甲子園に出場し、優勝することは、高校球児にとって不変の目標だ。だが、プロ野球選手を目標とする球児にとって、高校は通過点の一つ。高校で燃え尽きてしまう(燃え尽きさせてしまう)のではなく、次のステップに向けての育成の場であるべきだという声が多く聞かれるようになった。

 実際に、投球過多がどれほど高校球児に影響を与えているのだろうか。プロ野球選手の治療にも数多く携わり、自らトミー・ジョン手術(肘靱帯修復手術)の執刀をする慶友整形外科病院(群馬県館林市)の古島弘三医師によれば、現在は高校生でも年間約50人がトミー・ジョン手術や胸郭出口症候群手術など、投球障害が原因の手術を受けているという。

「いわゆる名門と呼ばれる高校では、半数近くの球児が肩肘に故障を抱えています。高校入学後の練習方法や投球過多にも問題はありますが、実はそれ以前の問題。小学生や中学生の成長期に投げすぎたり、痛みを我慢して投げ続けた結果として、高校生になって大きな故障が生まれる。もちろん、高校で投球制限やタイブレーク制度を取り入れることは、球児の健康に対する注意喚起を呼び起こす上で大きな意味を持ちますし、大きな進歩ですが、障害をなくす手段にはなっていません。それ以前の少年野球の段階から対策を取らないと、根本的解決には繋がらないと思います」

小中学生に多い障害「OCD」とリトルリーグ肘は指導法次第で回避可能

 小学生、中学生に多い肘障害の代表が、上腕骨小頭離断性骨軟骨炎(OCD)と内側上顆下端裂離骨折(リトルリーグ肘)と呼ばれるものだ。いずれの障害も悪化すれば手術を必要とし、最悪の場合には高校入学以前に野球を諦めなければならず、日常生活に支障をきたすこともある。

 OCDとは、学童期での投げ過ぎや悪いフォームが原因となり、成長過程にある肘の軟骨が損傷、壊死、あるいは変形してしまう障害だ。投球時に痛みが生じることはもちろん、小学生や中学生の段階で、肘の可動域が悪くなる症状が見られる。

 リトルリーグ肘とは、やはり骨の成長過程で生じる特有の肘内側の障害だ。投げ過ぎや悪いフォームにより肘に負担が掛かった場合、学童期では骨がまだ弱いため、骨と骨をつなぐ靱帯が損傷するのではなく、靱帯に引っ張られて骨が一部剥がれてしまう。この裂離骨片に気付かずにいると、全力投球が出来なくなることはもちろん、将来的に肘靱帯損傷に進展してしまう原因ともなる。

 いずれの障害も「将来は野球選手になりたい」という子供たちの純粋な夢を、高校入学以前に打ち崩す残酷な結果を招くことがある。一人でも多くの子供たちが、こういった現実を避けられる方法はないのだろうか。「指導者の心掛け次第で、子供たちの将来は大きく変わります」と、古島医師は断言する。

「どちらの障害も、成長期にある子供の体に負担が掛かるから生じるもの。一度の試合や練習での投げ過ぎ、あるいは連投をしないように配慮すれば、避けられる障害とも言えますね。そして、子供が痛みを訴えた時にサインを見逃さないこと。多少の痛みの場合、子供たちは夢中になれば投げ続けてしまいますから、そこは指導者や両親が気を付けてあげるべきでしょう。

 OCDもリトルリーグ肘も、症状が悪化すれば骨軟骨片を移植するなどの手術が必要になります。ですが、それ以前の段階では、肘を休ませる保存療法が主流です。つまり、普段から使った肘を十分に休ませる練習メニューが組まれていれば、医師の診察を受けるまでには至らない。極端に言えば、肘に違和感を訴えた小学生が、その後の練習を1週間休むか休まないかで、将来の可能性が大きく変わることもあり得ます」

子供たちにとって理想的な練習メニューは?

 子供の健康に与えるリスクを考える重要性は分かっていても、どのような形で練習や育成に反映させていいのか分からない指導者も多いだろう。古島医師は「子供の体の成長に合わせた練習メニューを考えるといいでしょう」と話す。

「子供の体が成長期にある小学生のうちは、できるだけ野球などの投球動作以外のアクティビティーも多く取り入れるといいでしょう。学童期はゴールデンエイジと呼ばれ、この頃に学んだ体の動きは大人になっても忘れないと言われています。例えば、自転車や一輪車に乗ったり、逆上がりや逆立ち歩きをしたり。この頃に習得した動きは、運動を司る小脳という場所に記憶されるので、大人になっても“体の動き”として覚えていることが多い。

 野球は、ピッチングでもバッティングでも、体の片側に動きが偏るスポーツです。だからこそ、小学生の頃に野球に加え、いろいろなスポーツの動きを取り入れる練習をしておくと、子供たちは将来的に怪我の少ない体作りをすることができますし、運動神経の向上に役立ったり、肩肘を休ませることにもつながる。体の成長に合わせ、投球数を増やすなど、野球の練習の強度を上げていくのがいいでしょう」

 学童期の野球指導が子供たちの将来の可能性に大きく影響すると考える古島医師は、2015年、群馬県スポーツ少年団に働き掛け、指導者ライセンス制度を導入する取り組みに着手した。ライセンスは一番高いS級から、A、B、C、D級まで5段階あり、監督を務めるにはS級かA級が必要となる。日本体育協会公認の指導者資格を取得したり、県スポーツ少年団が開催する研修会に出席することでポイントが加算され、等級が上がる仕組みだ。古島医師は「指導者の意識が少しでも変わることが大切」と制度のもたらす影響に期待した。(佐藤直子 / Naoko Sato)

関連記事(外部サイト)