7回一時逆転許すも9回に再逆転

7回一時逆転許すも9回に再逆転

 阪神が9日の敵地巨人戦で9回に再逆転に成功し、5-4と勝利した。

 初回にロジャースがタイムリー、2回に福留がタイムリー二塁打を放つなど中盤までリードを奪った阪神だが、3-1と2点リードで迎えた7回、3番手の岩崎が乱れる。

 2四球とヒットで2死満塁のピンチを招くと、マテオがマウンドへ。しかしここでマギーに左中間へ二塁打を浴び、二塁走者まで生還。さらに本塁へ突入した一塁走者の陽岱鋼は一時アウトの判定だったが、リプレー検証でセーフに覆り、逆転を許した。

 それでも9回、巨人の抑えカミネロを攻め、1死一塁から福留が値千金のタイムリー三塁打を放ち同点。さらにロジャースの犠飛で再び逆転した。この1点をドリスが守り切り、阪神が勝利した。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)