西武シュリッターは滅多に三振を奪わない、異能のセットアッパー

西武シュリッターは滅多に三振を奪わない、異能のセットアッパー

西武のブライアン・シュリッター【写真:(C)PLM】

9日のオリックス戦で1か月ぶり奪三振を記録、大型右腕の投球スタイルとは…

 西武ライオンズのブライアン・シュリッターは8月9日のオリックス戦の8回に登板し、小谷野栄一に安打を打たれたものの無失点で降板した。この登板で、シュリッターはロメロから三振を奪ったが、これは7月8日の楽天戦の8回に嶋基弘から三振を奪って以来、1か月、登板でいえば10試合ぶりのことだった。

 シュリッターは身長195センチ、体重106キロの大型右腕。速球は最速157キロを記録し、三振をばったばったと奪うパワーピッチャーのイメージがあるが、実際の投球は全く逆だ。

 今季、40イニング以上投げたセ・パ両リーグの投手のK/9(9イニングあたりの奪三振数)の少ない方からの5傑と防御率。

1、シュリッター(西)3.38
48回 18奪三振 防御率1.50

2、山中浩史(ヤ)3.47
62回1/3 24奪三振 防御率4.33

3、有原航平(日)3.89
111回 48奪三振 防御率5.27

4、山崎福也(オ) 4.43
42回2/3 21奪三振 防御率3.59

5、松葉貴大(オ)4.52
101回2/3 51奪三振 防御率4.07

 K/9が低い投手の多くは、本来の投球ができないために奪三振が減っている。だから防御率も良くないが、シュリッターは防御率も抜群だ。三振を奪わず、打たせて取るのがシュリッターの持ち味なのだ。

異なるスタイルの投手で構成される西武の「勝利の方程式」

 シュリッターは2007年、フィリーズから16巡目で指名されて入団し、翌年にはカブスに移籍。2010年にMLBに昇格し、2015まで中継ぎ投手として投げていた。福留孝介、和田毅などとチームメイトだった時期もあるが、メジャーでは通算78試合登板で3勝6敗、防御率5.40と活躍できなかった。2016年にロッキーズに移籍するも、メジャー昇格はならず、西武にやってきた。

 メジャーでのK/9は、通算で5.27。奪三振は多くはないが平凡な数字だった。

 NPBに移籍した外国人投手は、パワーがない日本打者と対戦して、奪三振数が増えるのが一般的だが、シュリッターは真逆だった。小さく動くツーシーム、スライダー、チェンジアップなどの球種でゴロを打たせる投法に徹して、セットアッパーとして地位を確立した。投手コーチなどのアドバイスもあっただろうが、賢明なモデルチェンジだと言えるだろう。

 シュリッターが加わったことで、西武の救援投手陣には、左腕の武隈祥太(11ホールド)、アンダースローの牧田和久(25ホールド)、右腕シュリッター(28ホールド)と3枚の個性の異なるセットアッパー陣からクローザーの増田達至(22セーブ)へとつなぐ「勝利の方程式」が完成した。

 西武は3位から楽天、ソフトバンクを伺う位置にある。打線が好調で、追撃態勢は整っているが、シュリッターがマウンドに上がる機会は今後も増えると予想される。クレバーな投法で、ゴロの山を築けば、ペナントは現実的なものになるだろう。(広尾晃 / Koh Hiroo)

関連記事(外部サイト)