日ハム中田、3戦連続先発落ち 栗山監督「走れないようじゃ話にならない」

日本ハムの中田翔、3戦連続先発落ち 栗山英樹監督「走れないようじゃ話にならない」

記事まとめ

  • 日本ハムファイターズの中田翔が、12日のソフトバンク戦でもスタメンから外れた
  • 中田は8日の楽天戦の練習中に左足首を痛め、この日で3試合連続でスタメンから外れた
  • 栗山英樹監督は「打つのは我慢出来ると思うが走れないようじゃ話にならない」と話した

日ハム中田、3戦連続先発落ち 栗山監督「走れないようじゃ話にならない」

日ハム中田、3戦連続先発落ち 栗山監督「走れないようじゃ話にならない」

日本ハム・中田翔【写真:石川加奈子】

左足首痛で12日もスタメンに入らず、「報告の感じはもう1つ」

 日本ハムの中田翔内野手が12日のソフトバンク戦(ヤフオクD)でもスタメンから外れた。この日の試合前練習ではフリー打撃も行ったものの、発表された先発メンバーには中田の名前はなかった。

 雨天中止となった8日の楽天戦(Koboパーク)の練習中に左足首を痛めていた中田。軽症の模様だが、翌9日の同戦からスタメンを外れていた。10日の楽天戦では代打で出場していたが、この日で3試合連続でスタメンから外れることとなった。

 この日の練習中に栗山英樹監督は「練習が終わったら、報告してくれとは言ってある。ただ、思ったよりもおもわしくないと聞いている。報告の感じはもう1つだった。打つのは我慢出来ると思うんだけど、走れないようじゃ話にならない」と話していた。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)