【MLB】ヤ軍の逆転優勝は可能――NYメディア分析、理由の1つは「田中将大の復調」

【MLB】ヤ軍の逆転優勝は可能――NYメディア分析、理由の1つは「田中将大の復調」

ヤンキース・田中将大【写真:田口有史】

プロ初2桁黒星、リーグワースト3位タイの28被弾も復調傾向

 ヤンキースの田中将大投手は今季ここまで8勝10敗、防御率4.92という苦しい成績となっている。プロ初の2桁黒星に加え、リーグワースト3位タイの28本のホームランを被弾。辛辣なニューヨークメディアから批判されてきた日本人エースだが、最近の復活ぶりからア・リーグ東地区首位奪回への「理由」に挙げられるようになった。

「ヤンキースが未だにレッドソックスを捉えられる4つの理由」

 このタイトルで特集したのはニュージャージー州最大のニュースサイト「NJ.com」。ア・リーグ首位に立つ宿敵レッドソックスとは現在3.5ゲーム差とされている2位ヤンキースだが、逆転でプレーオフ進出を果たす理由は4つ存在するという。

 その4つ目として挙げられているのが「マサヒロ・タナカの復活」だ。記事では「タナカの水曜日の先発は良くなかった。彼はキャリア最多の5四球を出し、わずか4回しか持たなかった。ご自慢のスプリットもどこかに行ってしまった」と指摘。9日(日本時間10日)の敵地ブルージェイズ戦の4回2安打5四球2奪三振3失点(自責2)のピッチングには苦言を呈する一方で、復調ぶりを評価している。

「しかしながら、希望の理由は数多く存在する。彼のそれまでの8試合の先発では防御率2.89、被打率.218とエース級に相手を抑えている。9回当たりの被本塁打数も1本以下(実際には1.02本)だ。今季の9回平均1.9本をはるかに下回っている」

田中がセベリーノ、グレイと組めばメジャー最高の先発トリオとも評価

 さらに「ルイス・セベリーノ、加入したソニー・グレイにタナカを組ませれば、ヤンキースはメジャー最高の先発トリオを誇ることになる」とも評価。プレーオフ進出争いが佳境を迎える時期に田中が完全復調となれば、ヤンキースは強力な先発トリオを持って、難敵に襲いかかることができるというわけだ。

 なお、ヤンキース逆襲の1つ目の理由として挙げられているのは、ヤンキースのブルペンの優位性。キューバの剛腕アロルディス・チャプマン、オールスター右腕のデリン・ベタンセス、デビッド・ロバートソンらが形成するヤンキースの救援投手の陣容は、鉄壁守護神クレイグ・キンブレルを擁するレッドソックスを凌ぐと、記事では分析している。

 そして、2つ目は故障者の復活。アーロン・ヒックス外野手に続き、スターリン・カストロ内野手の復帰も迫っているという。さらに、3つ目は“超新人”の復調。後半戦に入って苦しんでいたアーロン・ジャッジ外野手が「前半戦の男に近づいている」と指摘している。

 宿敵を捉えることはできるのか。手のひら返しの激しいNYメディアも復調を認めた田中の終盤戦の力投に期待したい。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)