低迷ハムにダイヤの原石 輝き放つ高卒ドラ1左腕に吉井コーチ「やるなぁ」

低迷ハムにダイヤの原石 輝き放つ高卒ドラ1左腕に吉井コーチ「やるなぁ」

日本ハム・堀瑞輝【写真:荒川祐史】

1軍の舞台で輝きを放つドラフト1位ルーキー堀瑞輝

 将来が楽しみだ。今季ワーストの借金33と低迷する日本ハム。その中にあって、ドラフト1位ルーキーの堀瑞輝投手が1軍の舞台で輝きを放っている。

 13日のソフトバンク戦(ヤフオクD)。1点ビハインドの8回にプロ2度目のマウンドに上がると、松田、柳田、デスパイネ、中村晃というソフトバンクが誇る実力者たちと対戦。松田を右飛に取ると、現在本塁打、打点の2冠に立つ柳田を空振り三振。デスパイネは四球で歩かせたものの、中村晃を中飛にとって無失点に封じた。

「コントロールはいまいちでしたけど、しっかり投げられたので、それは良かったです。まだキャッチャーの構えたところに投げられていなかったので、そこは修正したい」と振り返った左腕。プロ初登板となった8月9日の楽天戦(Koboパーク)では1回を無安打2奪三振で無失点。これでデビューから2戦連続無失点となった。

 広島新庄高から、2016年のドラフト1位で日本ハムに入団した堀。イースタンリーグでは6試合8イニングに投げて、無失点。防御率0.00を続け、イニング数を上回る12三振を奪っている。この日の投球を見た栗山英樹監督は「すごく落ち着いていたし、楽しみだね」と目を細めていた。

吉井コーチ高評価も「ブレーキをかけないと」

 最速150キロを誇る左腕だが、ソフトバンク戦での最速は142キロ。それでも、優勝争いを演じるソフトバンクの中軸を打ち取った。吉井理人投手コーチは「真っ直ぐが、真っ直ぐだと分かっていても捉えづらそうなボールを投げる」と、左腕の球筋を評価。さらには「1点ビハインドで相手のクリーンアップだったけど、緊張している感じはなかった。ストライクゾーンのいいところに投げられる。やるなぁと感じました」と、そのマウンド度胸の良さにも感心する。

 まだ、高卒1年目。チーム状況は、クライマックスシリーズ進出も絶望的で、来季以降を見据えた育成も求められる状況にある。まさに、堀は1年後、2年後が楽しみなダイヤの原石である。吉井コーチは「まだ見習いみたいな感じ。体力は中学生。監督は使いたいだろうけど、ブレーキをかけないといけない。僕も高卒だったので分かるんですけど、いいからと投げさせると故障する」とし、連投はさせないなど慎重に育てていく方針だ。

「ただ、監督には、いい場面で使ってもらっている。将来が楽しみな存在ですね。まだ野蛮な雰囲気で投げている。そこに計算で投げられるところが身につけば、もっと良くなると思いますよ」と、その素質を吉井コーチは高く評価する。苦しいチーム事情にあって、ドラ1左腕の存在は数少ない光明の1つだろう。堀瑞輝。怪我なく、大きく育っていってほしいものである。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)