ハム太田がプロ初長打となる勝ち越し三塁打「低めの変化球を意識していた」

ハム太田がプロ初長打となる勝ち越し三塁打「低めの変化球を意識していた」

日本ハム・太田賢吾【写真:(C)PLM】

4回に貴重な勝ち越し三塁打マーク

 日本ハムの太田賢吾内野手が14日、京セラドーム大阪で行われたソフトバンク戦で貴重な勝ち越し三塁打を放った。

 1-1で迎えた4回1死二塁の場面で右中間へ大飛球を放ち、浅く守っていた外野陣の頭上を越える三塁打をマークした。「追い込まれてから粘れました。低めの変化球を意識していたところに、甘く入ってきた。それをしっかりと打てたと思います。チャンスで打てて良かったです」。今年1軍デビューを果たしたプロ3年目の20歳にとって初の長打となった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)