【MLB】打撃難を抱える“メジャー最速男”に名物記者提言「オフをイチローと過ごせ」

【MLB】打撃難を抱える“メジャー最速男”に名物記者提言「オフをイチローと過ごせ」

三振後にバットを放るビリー・ハミルトン【写真:Getty Images】

3年連続50盗塁以上のハミルトン、今季すでに48盗塁も打率は…

 昨年メジャー史上30人目となる通算3000本安打を達成したマーリンズのイチロー外野手は、球史に残る機動力を備えた安打製造機として評価が高い。有資格1年目での殿堂入りが確実と言われる背番号51だが、米メディアからライバル球団のスピードスターにヒット量産のコツを伝授するコーチ役に推薦されている。オハイオ州の地元紙「デイトン・デイリー・ニュース」電子版が報じている。

 ライバル球団のスピードスターとは、今や“メジャー最速の男”の呼び声も高いレッズのビリー・ハミルトン外野手だ。2013年にメジャーデビューを果たすと、2014年シーズンは56盗塁、15年シーズンは57盗塁、昨季は58盗塁とハイペースで盗塁を量産してきた。過去2年は故障の影響で試合数が足りず、盗塁王のタイトルを手にできなかったが、今季はすでに48盗塁を記録。初の盗塁王獲得が現実味を帯びている。圧倒的なスピードを武器とする一方、今季は打率.246、出塁率は.296と不調で、俊足を生かす機会が激減している。

 もっとも、これまでの成績をよく見ると、打撃は16年の打率.260がキャリアハイ。どうやら打撃は苦手のようで、せっかくのスピードを生かしきれていない。こういったスピードスターの現状に業を煮やすレッズファンは少なくないようだ。そこで同紙でおなじみのベテラン記者ハル・マッコイ氏が連載する質問コーナーに、こんな質問が届いた。

「ビリー・ハミルトンにゴロを打つように教えられませんか?」

“今週の質問”に選ばれた質問に、レッズの名物記者は「これは老犬に新しい芸を教え込むようなもの」と難しい課題であることを指摘すると同時に、“ある男”の助けが必要だと答えている。

レッズの名物記者が仰天提言、イチローに学ぶか、もしくは映画「メジャーリーグ」に学べ

「チームがすべきことは、オフシーズンを丸々イチロー・スズキと過ごさせて、走り打ちや外野手の手前に落ちるライナーの打ち方を学ばせることだ」

 レッズのコーチ陣も半ばお手上げ状態となっているハミルトンへの打撃指導を、背番号51に託せば変わるのではないか、と提案。打球を打ち上げずに転がしながら、時にはバントヒットで内野安打を勝ち取るなど、華麗なバットコントロールで安打を量産してきたイチローの流儀を学ぶように説いた。

 さらに、大ヒット映画「メジャーリーグ」に登場する名シーンも引き合いに出し、時には“スパルタ教育”の必要性にも触れた。

「映画内でインディアンスを率いた伝説の監督ルー・ブラウンが、ウィリー・メイズ・ヘイズにやったように、フライを打ったら、その場で腕立て10回の刑に処せばいい」

 映画「メジャーリーグ」では、アクション俳優ウェズリー・スナイプス演じる、韋駄天ながら打撃に難を抱える外野手がゴロの打球を打てるようにするため、打ち損じたら腕立て伏せを命じるトレーニングを行っていた。映画内では、このスパルタ教育が功を奏するわけだが……。

 ハミルトンが持つスピードは誰もが認めるところ。同紙の推薦通り、レッズはハミルトンをイチローに弟子入りさせるのだろうか。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)