燕山田が週間5割超え、DeNA筒香も4発7打点…17年第20週投打5傑【セ編】

燕山田が週間5割超え、DeNA筒香も4発7打点…17年第20週投打5傑【セ編】

ヤクルト・山田哲人【写真:荒川祐史、編集部】

中日が好調で上位苦しめるも、2位争いは熾烈

 首位を独走する広島がやや足踏みしているが、追いかける2位阪神、3位DeNA、4位巨人も調子が上がらず。その差は縮まらない。

【セ・リーグNPB第20週(8/7-8/14)】

中日(6試合4勝1敗1分、勝率.800)
阪神(6試合3勝3敗0分、勝率.500)
DeNA(6試合3勝3敗0分、勝率.500)
巨人(6試合3勝3敗0分、勝率.500)
広島(6試合2勝3敗1分、勝率.400)
ヤクルト(6試合2勝4敗0分、勝率.333)

 中日がここへきて調子を上げ、上位を苦しめる存在となってきた。他は突出したチームはなく足踏み状態だ。

【打者5傑】

○安打
1山田哲人(ヤ) 12
2マギー(巨) 10
3鳥谷敬(神) 9
3宮崎敏郎(De) 9
3藤井亮太(ヤ) 9

○本塁打
1筒香嘉智(De) 4
2鈴木誠也(広) 2
2戸柱恭孝(De) 2
2ロペス(De) 2
2ゲレーロ(中) 2
2山田哲人(ヤ) 2
2バレンティン(ヤ) 2
2リベロ(ヤ) 2

○打点
1筒香嘉智(De) 7
2鈴木誠也(広) 6
2倉本寿彦(De) 6
2マギー(巨) 6
2福田永将(中) 6
2ゲレーロ(中) 6
2バレンティン(ヤ) 6

○盗塁
1田中広輔(広) 2
1大島洋平(中) 2
1京田陽太(中) 2
1盗塁7人

○打率(規定打席以上)
1山田哲人(ヤ) .522
2マギー(巨) .435
3鳥谷敬(神) .391
3藤井亮太(ヤ) .391
5陽岱鋼(巨) .381

○RC(Run Create)打者の総合指標 安打、長打、四死球、盗塁、犠打、犠飛を加味
1山田哲人(ヤ) 9.54
2筒香嘉智(De) 7.95
3福留孝介(神) 6.59
4陽岱鋼(巨) 6.27
5梶谷隆幸(De) 6.06

 今季は調子が上がらなかったヤクルト山田が、ここへきて12安打打率5割超の大当たり。DeNA筒香も4本塁打、7打点と大活躍。

投手は…

【投手5傑】

○勝利
1岡田明丈(広) 1
1薮田和樹(広) 1
1マテオ(神) 1
1橋聡文(神) 1
1岩田稔(神) 1
1今永昇太(De) 1
1ウィーランド(De) 1
1M口遥大(De) 1
1田口麗斗(巨) 1
1マイコラス(巨) 1
1マシソン(巨) 1
1吉見一起(中) 1
1若松駿太(中) 1
1田島慎二(中) 1
1大野雄大(中) 1
1山中浩史(ヤ) 1
1ブキャナン(ヤ) 1

○セーブ
1ドリス(神) 2
2今村猛(広) 1
2カミネロ(巨) 1
2田島慎二(中) 1
2ルーキ(ヤ) 1

○ホールド
1一岡竜司(広) 3
1中ア翔太(広) 3
1桑原謙太朗(神) 3
4又吉克樹(中) 2
4西村健太朗(巨) 2

○奪三振
1今永昇太(De) 9
2M口遥大(De) 8
3野村祐輔(広) 7
3能見篤史(神) 7
3菅野智之(巨) 7
3伊藤準規(中) 7
3大野雄大(中) 7

○防御率(規定投球回数以上)
1薮田和樹(広) 0.00
1岡田明丈(広) 0.00
1マイコラス(巨) 0.00
1若松駿太(中) 0.00
5野村祐輔(広) 1.29
5岩田稔(神) 1.29
5今永昇太(De) 1.29
5菅野智之(巨) 1.29
5鈴木翔太(中) 1.29
5星知弥(ヤ) 1.29

○PR(PitchingRun)投手の総合指標:(リーグ平均防御率-投手の防御率)×投球回で算出
1薮田和樹(広) 30.69
2マイコラス(巨) 23.87
2若松駿太(中) 23.87
4岡田明丈(広) 20.46
5青柳晃洋(神) 17.05
5又吉克樹(中) 17.05

 リーグ防御率は3.41、広島の薮田が完封、巨人マイコラスと中日若松が7回を零封した。救援では又吉が4試合に登板し、5回を零封、2ホールドを記録した。(広尾晃 / Koh Hiroo)

関連記事(外部サイト)