西武森、今季初打席で初球を初スイング 初安打で初タイムリーと“初づくし”

復帰戦で幸先いいスタート

 西武の森友哉捕手が15日、今季初めて1軍に登録され、「7番・DH」で即スタメン出場。初打席でタイムリーを放った。

 西武は初回、初登板の楽天コラレスから山川、中村のタイムリーで2点を先制。なおも2死一、三塁のチャンスで森が打席に入った。その初球、150キロの初球をいきなりフルスイング。センターへと抜けるタイムリーとした。

 今季1軍初打席初球を初スイングで、初安打初打点。「初物づくし」の幸先のいいスタートを切った。

 西武はその後、炭谷の押し出し死球でさらに1点を追加。2回にも1点を加え、5-1とリードしている。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)