西武森、3打席目は勝ち越し2点三塁打 復帰戦でいきなり2本のタイムリー

3打席目までに3打点、三塁打はキャリア2本目

 西武の森友哉捕手が15日の楽天戦で復帰し、3打席目までに2本のタイムリーを放った。

 まずは初回、2死一、三塁で楽天先発コラレスの初球のストレートをフルスイング。今季1軍初出場で初球を初スイング。センターへと抜けるタイムリーでチームに3点目をもたらした。

 さらに、5-5の同点に追いつかれて迎えた4回は、2死一、三塁の好機で2番手・菊池の初球を再びフルスイング。今度は右中間を深々と破り、山川、中村が次々と生還。森自身も三塁に到達し、勝ち越しの2点タイムリースリーベースとなった。

 三塁打は自身のキャリアで2本目。復帰戦で早くも豪快な打撃を見せている。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)