西武-楽天で両軍計25得点の大打撃戦 今季の大量得点試合は火曜日に多い!?

西武-楽天で両軍計25得点の大打撃戦 今季の大量得点試合は火曜日に多い!?

西武・辻発彦監督【写真提供:西武ライオンズ】

8日のロッテ-ソフトバンクも、8月に入って立て続けに「25得点試合」

 8月15日のメットライフドームでの西武-楽天戦は打ち合いの打撃戦となり17-8で西武が勝利した。両チーム合わせて25得点は今季最多タイだ。

 今季8月15日まで、両チーム合わせて20得点以上の試合は両リーグで8試合ある。左が主催チーム。

25得点 8月8日(火)ロッテ 17-8 ソフトバンク
25得点 8月15日(火)西武 17-8 楽天
22得点 5月30日(火)ロッテ 7-15 阪神
22得点 7月11日(火)西武 16-6 ロッテ
21得点 5月6日(土)阪神 12-9 広島
21得点 5月17日(水)楽天 15-6 日本ハム
21得点 5月27日(土)日本ハム 8-13 ソフトバンク
21得点 7月26日(水)ヤクルト 11-10 中日

 22得点以上の試合は、なぜかすべて火曜日に行われている。セ・リーグの主催試合では5月6日の阪神-広島戦、7月26日のヤクルト-中日戦の21得点が最大。派手な打ち合いはパ・リーグ主催試合の方が多い。

 25得点という今季最大得点の試合は、8月になって立て続けに生まれている。8月15日も西武-楽天戦だけでなく、阪神-広島戦も6-11と打ち合いの試合になっている。

 この時期になると、先発投手、救援投手ともに疲弊し、指揮官は、今後のスケジュールを考えても多くの投手を投入したくないという意向が働く。8月15日の西武-楽天戦では、楽天の4投手の自責点は、コラレス5、菊池2、森原4、森6とすべて2以上。西武もウルフが自責点6、マウンドで炎上しても、なかなか投手を変えないようになる。このことが、大量得点につながっていると考えられる。

NPBの最多得点試合は「35」

 NPBの両チーム合わせての最多得点は、「35」だ。

1950年3月16日
西鉄
009 502 401-21
000 200 507-14
東急

 この年はプロ野球がセ・パ2リーグに分立した1年目。西鉄の開幕3試合目で飛び出した大打撃戦だった。本塁打も6本出ている。

 1950年は「ラビットボール」と呼ばれる反発係数が大きいボールが使用されていた。また2リーグ分立で、チーム数が増えたために新人選手が多数入団して投手の質が落ちていた。この年は、この試合のほかに5試合もの合計30得点以上試合を生んでいる。

 21世紀に入ってからは2003年7月27日のダイエー26-7オリックスの33得点が最多得点試合。続いて同年6月17日の同一カード、ダイエー21-11オリックスの32点が次ぐ。オリックスは、同一カードで40日の間に2度も大量失点の惨敗。この年は石毛監督が4月23日に辞任し、レオン・リー監督代行が引き継いでいたが、チーム状態は悪かった。

 大量得点試合は、派手な打ち合いであり、大いに盛り上がる。8月15日の西武-楽天戦も追いつ追われつのシーソーゲームとなり、本塁打も5本出た2万8772人の観客は、地元西武が勝ったこともあり、大いに盛り上がった。

 投手には受難ではあるが、ペナントレースの激化とともに、今後も大量得点試合が見られることだろう。(広尾晃 / Koh Hiroo)

関連記事(外部サイト)