1軍昇格即先発、適時打、お立ち台…西武森の復帰で獅子打線は更なる高みへ

1軍昇格即先発、適時打、お立ち台…西武森の復帰で獅子打線は更なる高みへ

西武・森友哉【写真:(C)PLM】

強力打線にさらなる破壊力をもたらす男

 7月21日から8月4日にかけて、球団記録に迫る13連勝を果たした埼玉西武。連勝が途切れた5日の福岡ソフトバンク戦でも終盤で6点差を追い付くなど、炎獅子ユニホームにふさわしい「炎の猛攻」を見せた。8月16日現在、首位・福岡ソフトバンクとのゲーム差は、6.5にまで縮まっている。

 長打力が開花し、ますます隙のない5ツールプレイヤーとなった秋山、自身2度目の打撃タイトルを目指してチームをけん引するキャプテン浅村、走・攻・守で存在感を発揮するゴールデンルーキー源田はもちろんのこと、「おかわり2世」こと山川や外崎、7月の月間打率4割超の金子侑らの活躍もめざましい。数多くの本塁打王を輩出してきた伝統ある強力打線は、上位2チームを確かに脅かしている。

 そんな埼玉西武打線に、さらなる破壊力をもたらすであろう男が帰ってきた。170センチ、80キロ。姿勢を低くしてバットを立てた姿が印象的な、森友哉捕手だ。

 高身長の投手と対戦したときなどは身体の小ささが際立つが、その打力は春夏の甲子園を制覇した高校時代から突出していた。プロ2年目の2015年、「マツダオールスターゲーム2015」に選出されると、10代の選手としては2人目の快挙となる「球宴本塁打」を放つ。同年、史上17人目となる高卒2年目でのシーズン2桁本塁打を達成した。

 プロ4年目の今季は開幕前の左肘の骨折により、ここまで戦線離脱を余儀なくされていた。今月8日、ファームで約5カ月ぶりの実戦復帰を果たすと、翌日には逆方向に特大ソロをかっ飛ばし、豪快に復調をアピールする。捕手としての調整には時間がかかるため、当面はDHあるいは代打起用となる見込みだが、その打棒の頼もしさは、上位2チームへの追撃に燃えるチームをますます盛り立てるだろう。

「個人としてもチームとしてもまだまだ上を目指せる」

 手は8月15日に1軍に合流すると、その日の楽天戦で、7番・DHとして即スタメン出場を果たす。ファンの大歓声に迎えられながら最初の打席に立ったのは、1回裏、2死一、三塁の場面だった。制球が安定していなかったとはいえ、初対戦だったコラレス投手の初球を、さすがのスイングスピードで鋭くはじき返すと、早速今季初打点を挙げる。5-5の同点で迎えた4回裏には、一時勝ち越しの適時三塁打も放った。

 試合は両チーム2桁安打、複数本塁打が飛び交う乱打戦となったが、結果的に森は3打数2安打3打点と、復帰直後にも関わらず、それを感じさせない好調な打棒を披露。2つの四球を選ぶなど冷静な状況判断も冴え、山川とともにお立ち台にも立った。

 お立ち台では「個人としてもチームとしてもまだまだ上を目指せるなと思います」と話した森。1軍復帰最初の試合ですぐさまこのような結果を出せるのは、怪我をしてからここまでの長くもどかしい調整期間を、有意義に過ごしてきた証だろう。リーグトップの打率を誇る「強打の獅子打線」をさらなる高みへ押し上げる森のバットに、今後も期待せずにはいられない。「パ・リーグ インサイト」馬塲呉葉

(記事提供:パ・リーグ インサイト)

関連記事(外部サイト)