ハム19歳ドラ1堀 強心臓ぶりとは対照的、際立つ初々しさ「迷子になったら…」

ハム19歳ドラ1堀 強心臓ぶりとは対照的、際立つ初々しさ「迷子になったら…」

日本ハム・堀瑞輝【写真:荒川祐史】

1軍昇格後初の札幌ドーム、任された“仕事に”「しっかりやっていきたい」

 日本ハムのドラフト1位ルーキーの堀瑞輝投手が16日、本拠地でのロッテ戦で1軍昇格後初めて札幌ドームに足を踏み入れた。

 19歳左腕は初々しさいっぱいだった。最年少者が運ぶことになっている投手陣用飲料水が入ったピンク色のリュックを背負ってグラウンドに登場。「チョクさん(石川直也投手)から“やっと俺じゃなくなった”と言われました。一番年下なのでこれも自分の仕事。しっかりやっていきたい」とはにかんだ。

 大阪からの移動日だった前日15日は外出せず、寮でテレビを見たりゲームをして過ごしたという。「知らない土地で出歩いて迷子になったら……」と説明して報道陣を笑わせた。無理もない。今春高校を卒業したばかり。ちょうど1年前は甲子園にいた。「去年は甲子園で(プロ野球を)テレビで見ていました。今は逆になって、不思議な感覚です」と率直な思いを明かした。

 そんな初々しい言動とは対照的に、マウンドでは強心臓ぶりを見せつけている。初昇格即登板した9日楽天戦では1回を打者3人でピシャリ。13日ソフトバンク戦でも柳田から三振を奪うなど1回を無安打に抑えた。

「まさかソフトバンクの3、4、5番のところで行くとは思っていませんでした。緊張しながらもストライクを取れたのはいいこと。思った通りじゃない球だったけれど、抑えられたのは自信になりました。2試合経験してだいぶ緊張がほぐれました」

 次は本拠地のファンの前でどんな投球をするのか、注目だ。(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

関連記事(外部サイト)