ホークス甲斐の「キャノン砲」炸裂 盗塁死の西野は二塁ベース上で呆然

ホークス甲斐の「キャノン砲」炸裂 盗塁死の西野は二塁ベース上で呆然

矢のような送球を披露した甲斐【写真:(C)PLM】

素早いステップから矢のような送球

 ソフトバンクの甲斐拓也捕手が「キャノン砲」を炸裂させた。16日のオリックス戦(ヤフオクD)。4回に、自慢の強肩を発動させた。

 4回だった。先頭の西野が中前安打で出塁。吉田正を中飛、小谷野を右飛に打ち取り、2死として迎えた5番・中島の打席だった。1ボールからの2球目で、一塁走者・西野がスタート。ソフトバンク先発の石川が投じたのは、低めへの118キロのパワーカーブだったが、これをキャッチした甲斐は素早いステップから矢のような送球を二塁へ投じた。

 送球は糸を引くような軌道で、二塁ベースカバーに入った川島のグラブへ。西野が滑り込んでくるところに、収まる見事なストライク送球。完璧な送球でアウトとなった西野は、しばし二塁ベース上で呆然としていた。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)