首位ホークス松田V弾で貯金最多34 サファテは史上2人目3年連続40セーブ!

ソフトバンクが1点差逃げ切り

 ソフトバンクが首位をがっちりとキープした。16日のオリックス戦(ヤフオクD)。1点を争う接戦を制して連勝し、貯金は今季最多の34にまで伸びた。

 両チーム1点ずつを奪って迎えた6回に、勝負を決める1発が飛び出した。簡単に2死となり、打席に入った松田がオリックス先発の松葉から左翼スタンドへと飛び込む19号ソロ。値千金の一打で、勝ち越しに成功した。

 先発の石川は3回に先制点を奪われたものの、5回まで3安打1失点に抑える好投。ただ、5回に3つの四球を出したこともあり、工藤公康監督は早い段階からの継投を決断。6回から嘉弥真、森、岩嵜、サファテと注ぎ込み、2-1と逃げ切った。サファテは早くも今季40セーブ目をマークし、史上2人目の3年連続40セーブを達成した。またこの日は甲斐が4回に強肩を披露。石川が投じた118キロのパワーカーブをキャッチすると素早いステップから矢のような送球。二盗を狙った西野を刺し、会場を沸かせた。

 オリックスは3回にマレーロは左翼席に先制の11号ソロを放ったが、その後は打線がつながらず。先発の松葉は6回まで5安打2失点とソフトバンク打線相手に好投していたが、打線が左腕を見殺しにした。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)