【MLB】四球→二盗→送球ミス→本盗→ボークで生還!? 驚異的走塁に「なんてこった」

【MLB】四球→二盗→送球ミス→本盗→ボークで生還!? 驚異的走塁に「なんてこった」

レンジャーズのルーグネット・オドーア【写真:Getty Images】

オドーアがノーヒットでダイヤモンド一周、好走塁の連続で1点もぎ取る

 レンジャーズのルーグネット・オドーア内野手が、四球で出塁後に二盗と失策で三塁まで進み、最後は本盗でボークを誘って生還する好走塁を見せた。

 15日(日本時間16日)の本拠地タイガース戦。2点差で迎えた7回に先頭で打席に立ったオドーアは9球粘って四球で出塁。すると、続くチリノスの打席ですかさずスタートを切った。これがキャッチャーのヒックスの送球エラーも誘い、一気に三塁まで進塁した。

 その後、チリノス、デシールズが倒れて2アウトに。タイガースはここでヒメネスから左腕スタンプに継投した。続く秋信守の打席。スタンプがカウント2-2からの5球目を投げようとセットポジションに入ると、オドーアがスタート。本塁へと猛然と滑り込んだ。

 実際には、スタンプが慌てて本塁にボールを投げた時点で球審がボークを宣告。だが、いずれにしてもタイミングは完全にセーフで、オドーアの“ホームスチール”と呼んでもいい好走塁だった。

 地元テレビの実況も「オドーアが本塁を盗んだ! なんてこった!」と大興奮。本拠地も大きな盛り上がりを見せた。ノーヒットで足を使って貴重な追加点をもぎ取ったオドーア。レンジャーズは続く8回にも4点を加えて10-4で快勝。好走塁がこの一戦のキーポイントとなった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)