ハム増井、広げた視野と投球の幅 プロ人生で手にした「まさか」の偉業

ハム増井、広げた視野と投球の幅 プロ人生で手にした「まさか」の偉業

日本ハム・増井浩俊【写真:(C)PLM】

先発で出発した増井が史上4人目100セーブ&100ホールド達成

 日本ハムの増井浩俊投手が17日、本拠地でのロッテ戦でNPB史上28人目となる通算100セーブを達成した。100ホールドと合わせての達成は藤川球児(阪神)、武田久(日本ハム)、平野佳寿(オリックス)に次いで4人目の快挙となった。

 通算100本塁打を達成したレアードとともに上がった今季初のお立ち台では、感慨めいた口調だった。

「先発としてスタートしたプロ野球。まさか自分が100ホールドと100セーブを達成できると思わなかった。育ててくれて感謝です」

 昨季は序盤の不振からシーズン途中に抑えから先発へ転向し、10勝を挙げた。「抑えをやり始めた時に100セーブは通過点と思っていましたが、去年(抑えから)外れて100セーブはできないかと思った時もありました。ホッとしているし、達成感がありますね」と素直な気持ちを吐露した。

 先発としての高い能力を示しながらも今季敢えてクローザーを志願したのは、100セーブへのこだわりがあったからだ。「抑えになった時に決めた目標。掲げたら達成しないと気持ち悪いので。わがまま言って抑えをやらせてもらいました」と明かした。

栗山監督は「100勝」期待、増井が見据える次なる目標は…

 昨季の先発経験が生きている。「ストライクを簡単に取れるようになりました。一生懸命力を入れるだけが抑える方法ではないと」。以前は全部のボールをコーナーギリギリに投げ込もうとしていたが、視野が広がると同時に投球の幅も広がった。

 先発として日本一になった昨季とは一転、再び抑えに戻った今季チームは低迷。登板機会はグッと減った。「どの試合で来るかわからないので常に最高の準備をしておこうと思っています。セーブチャンスは貴重なので、後悔しないように」。難しい調整を強いられる中、集中力を保ち続けている。

 この日は3点リードの9回1死からペーニャにソロアーチを許した。お立ち台で「簡単に3人で取れなかったことが自分らしかったと思います」と言って観客を笑わせたが、好調の角中を3球三振に仕留めるなど、150キロ超の速球と切れ味抜群のフォークは健在だ。

 増井の能力を高く評価する栗山英樹監督は「次は100勝!」と100ホールド、100セーブに加えて将来の100勝達成も期待した。

 次の目標を問われると、増井はこう言った。「明日の101セーブを目標に、しっかりケアをして準備をしたいです」。任された持ち場で全力を尽くして記録を積み重ねてきた。その姿勢はこれからも変わらない。(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

関連記事(外部サイト)