ハム栗山監督と通算100号レアードの“絆”「日本のお父さん」「俺はお前の親父」

ハム栗山監督と通算100号レアードの“絆”「日本のお父さん」「俺はお前の親父」

来日100号を達成した日本ハムのブランドン・レアード【写真:(C)PLM】

来日3年目で大台に到達、お立ち台で「カントク、アリガトウゴザイマス」

 日本ハムのブランドン・レアード内野手が16日、本拠地でのロッテ戦で通算100本塁打を達成した。1点リードで迎えた5回無死走者なしの場面。スタンリッジの144キロ直球をファンが待つ左翼席に放り込んだ。

 読み勝ちだった。「変化球から始まって、ストレートが来ていなかったので、来ると思った」とカウント2-1から待っていた直球を完ぺきに捉えた。13日のソフトバンク戦のアップ中に背中に違和感を訴えて2試合欠場したことを感じさせない豪快なスイングだった。

 お立ち台では、ベンチにいる栗山英樹監督に向かって帽子を取って日本語で頭を下げた。

「カントク、アリガトウゴザイマス」

 心からの言葉だ。一昨年34本、昨年は39本と本塁打を重ねているが、来日当初は日本の投手に対応できず苦しんだ。一昨年は7月下旬まで打率1割台と低迷。「1年目の絶不調の時に使い続けてくれた監督に一番感謝したい。日本のお父さんと思っている。監督としても人間としても素晴らしい方」と指揮官への感謝の言葉を並べた。

指揮官が評価するレアードの明るさ「俺がレアードから学んだことも大きい」

 栗山監督は「あいつによく叱ってますけど、本人に“俺はお前の親父なんだ。言うこと聞け”という風に言っているのが、そういう表現になったと思います」と照れくさそう。それでも「本当に良かった」と自分のことのように喜んだ。

 一昨年のシーズン終盤にレアードを使い続けた理由について質問された栗山監督はこう答えている。「どんなに苦しくても常に前向きであることが大きい。とにかく明るく元気。そこが彼の良さ。慣れるのは時間がかかるし、こちらが理解することも必要。俺がレアードから学んだことも大きい」。異国の地で明るさを失わず、日本の野球に順応して3年目で100号に到達した。

 今季27号。本塁打争いでソフトバンクの柳田と並んでトップに立った。ここ9試合で5本と量産体制に入り、3年連続30発と2年連続本塁打王がはっきりと見えてきた。(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

関連記事(外部サイト)