広陵が強豪対決制し3回戦へ 秀岳館は日本一ならず、鍛治舎監督最後の夏終わる

広陵が強豪対決制し3回戦へ 秀岳館は日本一ならず、鍛治舎監督最後の夏終わる

広陵中村が3ラン 秀岳館破る

広陵が強豪対決制し3回戦へ 秀岳館は日本一ならず、鍛治舎監督最後の夏終わる

第99回全国高校野球選手権大会 8月17日(第9日)試合結果

平元が1失点快投で中京大中京に続いて強豪対決勝利、秀岳館は本塁打の1点のみ

 第99回全国高等学校野球選手権大会は17日、大会第9日が行われ、第1試合は広陵(広島)が秀岳館(熊本)を6-1で破り、3回戦進出を決めた。同点の7回にスクイズと相手のミスで2点を奪取。選抜まで3季連続甲子園4強で、初制覇を狙った秀岳館の夢を名門が打ち砕き、鍛治舎監督最後の夏が終わった。

 広陵・平元、秀岳館・川端の両先発投手は、ともに3回まで2安打無失点の好投。試合が動いたのは4回。広陵は1死から加川が犠打を試みると、川端がエラー。その後、2死二、三塁とし、暴投で先制点が入った。

 一方、4回まで無得点に抑えられていた秀岳館は5回、1死から幸地がレフトへソロ本塁打。一発で同点に追いついた。

 6回は両チーム無得点。7回、広陵は連打と犠打で1死二、三塁とする。ここで平元がスクイズ。投手前へのやや強いゴロとなったが、川端は処理できずに記録は内野安打。三塁走者が生還して、勝ち越し点が入った。さらに、続く高田誠のニゴロを渡辺がファンブル。貴重な追加点となった。9回には中村の3ランが飛び出して引き離した。

 平元は秀岳館打線を8回8安打1失点に抑える快投。広陵は1回戦の中京大中京(愛知)戦に続く強豪対決を制し、3回戦に駒を進めた。1回戦で横浜(神奈川)を破った優勝候補の秀岳館はミスが響き、打線もソロ本塁打の1点のみで2回戦敗退。3季連続4強からの初優勝を目指したが、届かなかった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)