大阪桐蔭が史上初2度目の春夏連覇へ16強入り、エース徳山9回1失点で完投

大阪桐蔭が史上初2度目の春夏連覇へ16強入り、エース徳山9回1失点で完投

第99回全国高校野球選手権大会 8月17日(第9日)試合結果

智弁和歌山は接戦で食らいつくも、ミスが響いて惜敗

 第99回全国高等学校野球選手権大会は17日、大会第9日が行われ、第2試合は大阪桐蔭(大阪)が智弁和歌山(和歌山)を接戦の末に2-1で下し、史上初2度目の春夏連覇に向けて16強入りを果たした。

 近畿対決で最初に得点したのは大阪桐蔭だった。1回裏、1番・藤原が右翼フェンス直撃の二塁打で出塁すると、2死三塁から2年生の4番・根尾が中堅へヒットを運び、1点の先制に成功する。

 だが4回表、智弁和歌山がつながった。1死から3番・黒川が左翼へ二塁打、続く蔵野が四球、5番・東田が強烈なピッチャー返しで内野安打とし、1死満塁の好機を迎える。ここで6番・冨田が左翼へ適時打を運んで同点。プロ注目の大阪桐蔭・徳山から1点を奪い、試合を振り出しに戻した。

 6回裏、今度は大阪桐蔭がチャンスを作った。1死から5番・山本が遊撃内野安打で出塁すると、すかさず二盗。続く山田が四球で1死一、二塁とした。智弁和歌山が二番手・平田をマウンドへ送った直後、ダブルスチールを仕掛けたが、三盗を狙った山本が憤死。直後に暴投で2死三塁まで攻めたが、7番・坂之下が三ゴロに倒れて、本塁までは届かなかった。

 7回表、智弁和歌山は先頭の8番・西川が右前打で出塁し、勝ち越し機を作る。だが、送りバント失敗や2度の走塁死で、この回の3安打を生かし切れなかった。

 両校ともに本塁が遠い試合展開の中、わずかなチャンスを見逃さなかったのが大阪桐蔭だった。7回裏、先頭の泉口が右翼二塁打で出塁すると、送りバントで三進。続く藤原は二ゴロに倒れたが、福井の打席で智弁和歌山の平田が暴投し、三塁走者が勝ち越しのホームを踏んだ。

 味方が勝ち越しに成功すると、大阪桐蔭はエース徳山が1点リードを守り抜く力投。9回を投げて2桁安打を許しながらも1失点で完投した。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)