西武菊池が2球連続で不正投球、松井稼に2ボール与えるも三振斬りで吼える

西武菊池 2球連続で不正投球

2回1死から松井稼頭央の打席で発生、辻監督が球審に説明求める

 西武のエース左腕、菊池雄星投手が17日、本拠地の楽天戦で2球連続で不正投球の判定を受けるアクシデントが発生した。

 0-0で迎えた2回。先頭の島内をセンターフライに打ち取った菊池は、松井稼を打席に迎えた。初球の訴求で空振りを奪ったが、ここで真鍋球審は不正投球をコール。1ボールから気を取り直して2球目を投げてファウルを奪ったが、これもまた不正投球の判定。どうやら投球動作に入った時の右足の動きが二段モーションだと判定されたようだが、辻監督はベンチを飛び出して球審に説明を求めにいった。強い口調で球審と話を続けていた辻監督だが、橋上コーチに連れられてベンチへ戻った。

 マウンド上の菊池は、3球目から右足の動きを変えて投球。松井稼を7球目で空振り三振に仕留めると、大きく吼えて気合を見せた。

 菊池は今季はここまで11勝5敗と絶好調。試合中に投球フォームを変えたことが、登板にどう影響を及ぼすのか注目が集まる。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)