期間限定1軍昇格の日本ハム新人堀、ホロ苦2被弾も手応え「直球は通用する」

期間限定1軍昇格の日本ハム新人堀、ホロ苦2被弾も手応え「直球は通用する」

日本ハム・堀瑞輝【写真:荒川祐史】

1点リードの7回に2被弾で逆転許すも、大谷の同点弾に救われる

 日本ハムのドラフト1位ルーキーの堀瑞輝投手が17日、ロッテ戦(札幌ドーム)に3番手で登板。プロ3試合目で初被弾し、ホロ苦い本拠地デビューとなった。

 ビハインドの場面でマウンドに上った過去2試合と違って、この日は1点リードの7回という大役を任された。先頭の角中を139キロ直球で空振り三振に仕留めた後、ペーニャに左越え同点ソロを許した。さらに2死後、中村に左中間ソロを浴びて逆転された。

「今日は良くなかったです。低めに投げきれなかったのがダメでした。監督からは“こういう体験ができたので次に生かせ”と言われました」と反省しきり。ただ、重圧のかかる場面に飲まれたわけではないという。「自分がいつも通りに投げられなかっただけです」と言い訳にはしなかった。

 プロ初黒星は免れた。直後の7回裏に大谷翔平投手が同点アーチを放ってくれたからだ。「ありがとうございます」と感謝の言葉を口にしたルーキーは、「勝って良かったです」と延長11回サヨナラ勝ちにホッとした表情を浮かべた。

9日間限定の1軍昇格、栗山監督「すごくいい経験をしたと思う」

 7回を任せた理由について栗山英樹監督は、経験を積ませるためだったことを明かした。「明日(18日)ファームに帰すことが決まっていたので、今日どこかで必ず投げさせると決めていた。あそこは面白い打順。いけると思っていったが、すごくいい経験をしたと思う。これからトレーニングをする上でもどういうことが必要なのか分かると思った」。今後の成長を加速させるためのステップだった。

 高卒1年目。まだ体が完全にできていないため、9日からこの日までの期間限定昇格だった。当初は2試合の登板予定だったが、9日の楽天戦、13日のソフトバンク戦でそれぞれ1イニングずつを抑える好投。栗山監督の強い希望で、この日3試合目が追加になった。

 堀にとっては密度の濃い9日間。「下で長いイニングを投げるように言われたので、先発としてできればと思います。今回ストレートが通用するのはわかりました」と前向きに語った。この日許した2本塁打はいずれも変化球を打たれたもの。明確になった収穫と課題を手に入れ、本拠地を後にした。(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

関連記事(外部サイト)