首位ホークスを3.5ゲーム差で追う楽天、白熱のパ頂上決戦3連戦のカギは?

首位ホークスを3.5ゲーム差で追う楽天、白熱のパ頂上決戦3連戦のカギは?

楽天・梨田昌孝監督(左)、ソフトバンク・工藤公康監督(右)【写真:荒川祐史】

楽天は3連戦の勝ち越しは必須、一方ホークスは1勝でも及第点

 優勝争いの行方を大きく左右する直接対決となるかもしれない。ソフトバンクと楽天が激しく首位を争ってきたパ・リーグは、18日からこの両チームが直接対決を戦う。

 今回の直接対決は、これまでとその構図が異なっている。ここにきて楽天の勢いに陰りが出始め、17日までの西武3連戦で3連敗を喫した。首位にソフトバンクが立ち、楽天との差は今季最大の3.5ゲーム差に広がった。これまでは首位に楽天、追うソフトバンクだったが、今季初めて、ソフトバンクが上の順位に立って直接対決を迎えることになった。

 ソフトバンクと楽天との差は3.5ゲーム。楽天にとって、この3連戦での勝ち越しは必須と言えるだろう。消化試合数が少ないとはいえ、これ以上ゲーム差を広げられたくはないところ。振り向けば、3位の西武が2.5ゲーム差に迫っており、これ以上の失速は、まさかの3位転落の可能性まで膨らませてしまう。

 一方のソフトバンクは、1勝できれば及第点ではなかろうか。工藤公康監督が常々目標に掲げるカード勝ち越しが出来れば、上々の結果だ。3連勝となれば、楽天との差は6.5ゲーム。一気に首位固めとなる。余裕を持って戦えるのは、ソフトバンクの方だろう。

 西武に3連敗を喫し、何としてもソフトバンクに勝ち越したい楽天は、18日の初戦に岸孝之投手が先発する。今季から楽天に加わった岸は、ソフトバンク戦4試合に先発して2勝2敗。ただ、2勝はどちらも敵地ヤフオクドームで、今回の舞台となる本拠地Koboパーク宮城では2敗となっている。どちらも8回途中まで投げて4失点。味方の援護にも恵まれず、黒星を喫した。本拠地で、なんとか宿敵から白星を挙げたいところだ。

両軍ともに打線はやや下降気味

 ソフトバンクの先発は、7月27日のKoboパークで岸に投げ勝ち、プロ入り後初めて仙台で白星を挙げた東浜。ここまでハーラートップタイの12勝を挙げ、今やソフトバンクの大黒柱と言える存在にまでなった。前回登板だった8月10日のロッテ戦(ZOZOマリン)では7回途中で5点を失ったが、白星を掴んでおり、現在5連勝中だ。

 両チームともに、下降気味の打線に奮起が求められる。楽天は2試合連続で零封負けを喫しており、18イニング連続で無得点中だ。その中で対東浜の今季対戦成績を見てみると、ウィーラーは6打数3安打1本塁打の打率5割、松井稼も3打数2安打の打率.667と好成績を残す。復帰したばかりのペゲーロも1本塁打を記録。茂木は今季、まだ東浜との対戦がなく、この茂木とペゲーロ、ウィーラーの上位打線と、松井稼をいかに起用するかが、東浜攻略の鍵を握っているのではないだろうか。

 一方のソフトバンクは最近5試合連続で1桁安打を記録。8月に行われた14試合で、2桁安打は4試合だけと打線が湿りがちである。対岸で言えば、ここのところ4番に入っている柳田が11打数4安打の打率.364を残しており、主力野手の中では最も数字がいい。ただ、本塁打はなく、主砲の前に、いかに走者を溜められるかが、得点のチャンスを広げるポイントとなる。

 楽天は岸、則本の2本柱を送り込み、ソフトバンクも東浜、千賀をこの3連戦に投入する。これまでも息詰まるハイレベルな熱戦を演じてきた、楽天とソフトバンクの直接対決。終盤戦を占う上でも、両チームにとって重要な戦いとなるだろう。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)