完封勝利数の変遷に見る投手分業化の歴史、今やシーズン2桁完封は超レア!?

完封勝利数の変遷に見る投手分業化の歴史、今やシーズン2桁完封は超レア!?

西武・菊池雄星【写真:編集部】

今季はパ菊池、セ菅野がそれぞれ3完封勝利、NPB最多記録は…

 西武の菊池雄星は8月18日の楽天戦に先発し、9回を2安打無失点に抑えた。9回裏に栗山巧のサヨナラ3ランが出て、菊池は完封勝利。今季3度目の完封は、パ・リーグ最多だ。

 完封勝利とは、先発投手が1人で試合を投げ切り、相手を零封した上でつく勝利だ。9回を零封しても延長戦で降板するなど、勝利がつかなければ完封勝利とは言わない。一方で、試合が成立する5回以降であれば、9回を待たずに雨天などでコールドゲームになった場合でも、先発投手が1人で零封して勝てば完封勝利となる。

 完全試合やノーヒットノーランは別にして、完封勝利は投手が目指す最高のリザルト(結果)だ。

 1942年の野口二郎(大洋)と43年の藤本英雄(巨人)が記録したNPB記録、シーズン19完封勝利を筆頭に、1950年代まではシーズン2桁完封勝利も珍しくはなかったが、先発→救援→抑えと投手の分業化が進むとともに、1人の投手が9回を投げ切る機会が減少し、完封も激減した。

○過去10年のシーズン完封数5傑

2014年 則本昂大(楽天) 7
2010年 金子千尋(オリックス) 6
2011年 ダルビッシュ有(日本ハム) 6
2011年 田中将大(楽天) 6
2010年 杉内俊哉(ソフトバンク)5

 以上、過去10年の5傑はすべてパ・リーグだ。セでは2009年にチェン(中日)と吉見一起(中日)、2010年に館山昌平(ヤクルト)、2015年に藤浪晋太郎(阪神)が記録した4完封勝利が最高だ。最近は、パの方が本格的な先発投手が多いとされるが、それを裏付ける数字と言えそうだ。

 しかし、いずれにしてもNPB記録の19完封勝利とは、大きくかけ離れた数字になっている。

投手の分業化、球数制限…年々難しくなる完封勝利達成

 現在のNPBは、先発や救援など投手の分業が進んでいることに加えて、先発投手の球数も制限されるようになった。昔は150球を超える球数で完封勝利する投手も珍しくなかったが、今は100球を超えると多くの指揮官は投手交代のタイミングを考えるようになるという。

 8月17日楽天戦の菊池雄星は、4回に3四死球で満塁のピンチを迎えたが、それ以外は被安打2と危なげなかった。球数も111球。余裕をもっての完封勝利だった。

 以前よりも多くの条件が揃わないと、完封勝利の達成は難しくなっている。その代わり、先発投手が6回〜8回を零封する記録が増えているのは、やはり時代の変遷なのかもしれない。

 今季3度目の完封勝利を遂げた菊池は、防御率も1.93と再び2点台を割った。先発投手にとって最高の栄誉である沢村賞の筆頭候補と言っていいだろう。今季終了までに、まだ8試合ほど先発機会がある。完封記録をどこまで伸ばすか楽しみだ。

 セ・リーグでは、巨人の菅野智之が現在3完封勝利。菅野にも、今季は残り8〜9度の先発機会があると思われる。セの投手が5試合以上の完封勝利を記録したのは、2007年黒田博樹(広島)の7完封勝利が最後だ。
菅野がどこまで伸ばすのか、こちらにも注目したい。(広尾晃 / Koh Hiroo)

関連記事(外部サイト)