【MLB】ヤンキースには田中将大が必要 米メディア力説「6月以降は極めて真っ当」

【MLB】ヤンキースには田中将大が必要 米メディア力説「6月以降は極めて真っ当」

ヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

7月に積極的補強に走ったヤンキース、それでも田中は必要

 右肩の炎症で10日間の故障者リスト(DL)入りしているヤンキース田中将大投手。すでにキャッチボールを再開しており、順調ならば22日(日本時間23日)から始まるタイガース3連戦で復帰する見通しだと、複数の現地メディアが伝えている。今季はここまでキャリアワーストのシーズンを送っている右腕だが、米スポーツサイト「ファンラグ・スポーツ」は「それでもヤンキースには田中が必要」と力説。プレーオフ進出を見据える名門球団が田中を必要とする理由を挙げた。

 プレーオフ進出、さらにはワールドシリーズ進出を目指すヤンキースは、7月31日のトレード期限までにソニー・グレイ、ハイメ・ガルシアの先発投手2人や、一塁や三塁を守れる強打のトッド・フレイザーを補強。シーズン終盤を迎える準備を整えた。だが同時に、エース右腕の田中は今季はここまで8勝10敗、防御率4.92、28被本塁打など、日米を通じてキャリアワーストのシーズンを過ごし、左腕サバシアは怪我がち、右腕ピネダは今季絶望。戦力補強をしたものの、どこか心許なさを感じることは否めない。

 田中も右肩の炎症で8月10日まで遡ってDL入り。現在は復帰を目指して調整に励んでいる。田中のDL入りについて、記事ではヤンキースがプレーオフを睨んでのことだと解説。今季は不安定な投球が続く右腕だが「ヤンキースの寵愛を失ったわけではない」とし、「健康なタナカがヤンキースにとっていかに重要か」について説明している。

最近11試合は防御率3.33、被打率.224で「極めて真っ当な成績」

 最大の理由は、田中が見せる復調傾向にある。記事では、今季23試合で先発した右腕について、前半12試合と後半11試合に分けて分析。前半12試合では防御率6.55、18四球、58奪三振、17本塁打、被打率.298といずれも厳しい成績が示されている。だが、後半11試合を見てみると、防御率3.33、15四球、83奪三振、11本塁打、被打率.224と、飛び抜けていい訳ではないが、先発投手として十分な数字を残している。記事では「6月中旬からは極めて真っ当な成績」と評価。それこそが、ヤンキースが田中を必要とする理由の一つだとした。

 また、消極的理由ではあるが「ヤンキースには他に選択肢がない」という項目も。現在、先発投手でDL入りしているのは、田中、サバシア、セッサ、ピネダの4人で、先発ローテに名を連ねるのは、セベリーノ、グレイ、ガルシア、モンゴメリーの4人だけだという。DL入りしている4投手は、ピネダを除き短期で戦列復帰する予定だが、「サバシアはシーズンを通じて怪我がち。セッサは先発としてはいまいち」と手厳しく、「3人の中では田中が最高の選択肢だ」としている。

 DL入りして再調整した田中は、復帰後には昨季まで見せたような本来の投球を取り戻すことができるのだろうか。レギュラーシーズンは残り2か月弱。開幕こそ不安定だったかもしれないが、終盤にチームを勝利に導く投球を続けることこそが、ヤンキースにとっても田中にとってもプラスに働くに違いない。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)