ハム大谷翔平が驚異の“曲芸打ち” 地面すれすれのボールを巧打、二塁打に

ハム大谷翔平が驚異の“曲芸打ち” 地面すれすれのボールを巧打、二塁打に

大谷翔平が脅威の"曲芸打ち"

ハム大谷翔平が驚異の“曲芸打ち” 地面すれすれのボールを巧打、二塁打に

4試合連続打点を記録した日本ハム・大谷翔平【写真:(C)PLM】

大谷が驚異のバット捌き披露

 日本ハムの大谷翔平投手が“曲芸打ち”を披露した。18日の西武戦(札幌D)。1点リードの6回に、ワンバウンドしようかというボールをヒットにした。

 1死からこの日の第3打席に立った大谷。カウント2ボール2ストライクからの7球目だった。西武先発の野上が投じたスライダーは内角低め、大谷の足元でワンバウンドしようかという地面スレスレのボールだった。体勢を崩しながらもバットを出した大谷。巧みなバットコントロールで捉えると、打球は右前で弾み、大谷は二塁へと到達した。

 驚異のバット捌きで難しいボールを安打にした大谷。続く中田が左翼席への2ランを放ち、日本ハムはリードを3点に広げた。大谷は初回の第1打席でもセンター前に適時打を放っており、4試合連続打点を記録した。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)