西武、完封負けで連勝5でストップ 日本ハムは3か月ぶり4連勝

西武打線はメンドーサら日ハム投手陣の前に沈黙

 西武の連勝が5でストップした。18日の日本ハム戦(札幌D)。最近好調だった打線が日本ハム先発のメンドーサら投手陣を打ち崩せずに、0-4とまさかの零封負けを喫した。

 先発の野上は初回、西川に二塁打を許すと、大谷に中前への適時打を浴びて先制点を与えた。2回以降は無失点投球を続けていたものの、6回に再び大谷に右翼線への二塁打を許すと、中田に左翼席へ運ばれる2ランを浴びてリードを広げられた。

 打線は日本ハム先発のメンドーサの前に、散発4安打と沈黙。8回途中からは、宮西、白村のリリーフ陣に押さえ込まれ、1点も奪えなかった。

 日本ハムは5月14日以来となる今季3度目の4連勝。大谷が初回に先制の適時打を放つと、6回には中田が15号2ラン。投手陣も先発のメンドーサからの完封リレーと、投打の歯車が噛み合い、本拠地で快勝した。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)