夏休み真っただ中の3連戦は連日大盛況 “集客につながる”オリのイベント

夏休み真っただ中の3連戦は連日大盛況 “集客につながる”オリのイベント

オリックスのマスコットとコロコロコミックのキャラクターたち【写真:(C)PLM】

京セラドーム大阪で開催、「親子ヒーロープロジェクト」の裏側

 8月11日から13日の3日間。夏休み真っただ中、そしてお盆休みで帰省する人が多いこの時期に、京セラドーム大阪ではパ・リーグ6球団の共同企画、「パ・リーグ親子ヒーロープロジェクト」が開催された。

 今年は小学生を中心に絶大な人気を誇るコロコロコミックとのタイアップでイベントが行われ、3日間という時間はあっという間に過ぎ去り、大盛況のうちに幕を閉じた。関係者のコメントなども交えつつ、イベントの内容を一つずつ振り返っていこう。

【試合前】

 試合前のイベントで大きな賑わいを見せていたのが、Bsスクエアで行われた「ベイブレード勝ち抜きバトル」だ。ここでは、連勝数に応じて異なる商品がプレゼントされ、3連勝で入手できる“ベイブレード限定ストレージBOX”をお目当てに、敗れてしまった少年たちが何度も列に並ぶ姿が見られた。

 11日には、100%パスカル先生と怪盗ジョーカーが京セラドーム大阪の前のステージに登場し、12日には「ドラベース」や「野球の星 メットマン」の作者・むぎわらしんたろう氏が、「関東で西投手が投げるときは毎度のように観戦に行っている」というほど親交が深いオリックス・西投手とのトークショーを行った。

 その後、むぎわらしんたろう氏は80名限定のサイン会にも登場。参加券を入手した中学生以下を対象に、一人一人にじっくりとサインを行い、記念撮影のリクエストがあった際には時間をかけてしっかりと応じるなど、ファンとの触れ合いを楽しんだ。

 むぎわらしんたろう氏に球場でイベントを行った感想を問うと、「礼儀正しいお子様が多かったですね。ユニホームを着ている子も多かったですし、野球が好きなんだなと感じられました」とコメント。さらに、「西投手とのトークショーではたくさんのお話ができて良かったですし、満足しています。僕自身は野球が大好きなので、このように少しでも野球に貢献ができれば」と1日を振り返った。

「見ているお客様も楽しめるように」の思い

【試合中】

 試合直前、グラウンドに散っていく選手をハイタッチでお見送りした100%パスカル先生と怪盗ジョーカー。試合中はコンコースでのグリーティングや、子供たちとの記念撮影。そしてラッキー7にはライトスタンドの前に現れ、球団応援歌「SKY」のリズムに合わせてファンを大いに盛り上げた。

【試合後】

 試合後は球団オリジナル施策として限定で販売された、ラッキー7のグラウンド上での「SKYダンス」、試合終了後のグラウンドでの記念撮影、オリジナルクールバッグの特典付き企画チケット購入者との写真撮影が行われた。そこで、「公式サイトでこういうチケットがあるのかと知って参加した」という参加者の親子に話を聞くと、「普段買っているチケットとは違った楽しみが味わえるということを期待して」今回の企画チケットを購入したという。参加した感想については、「グラウンドに降りられたこともそうですし、キャラクターと触れ合えたこともそうですが、いつもとは違う、特別な体験ができて満足」と笑顔で語った。

 3日間を振り返り、オリックス球団のリテール営業部イベント・運営グループ長の水田真氏は「ドーム内で子供の遊び場というものは少なかったりするので、今回のベイブレード大会のように、一つの集まる場所というものがあることで、活気が生まれて良いなと思いました」と感想を口にする。

 同じく、リテール営業部チケットグループ課長代理の船越伸二氏は「夏休み期間中での試合ということも影響しているとは思いますが、お子様の姿が目立ちますね」と、普段の球場との雰囲気の違いについて語り、「ベイブレードの球団限定レイヤーを配布するということを事前にリリースしたところ、問い合わせが多数ありました。今回のコロコロコミックさんとのタイアップはかなり効果があったと思っています」と、タイアップ効果についての感想を述べる。

 この3連戦でのイベントに限らず、“足を運んだ多くの方に楽しんでいただく”ということを意識し、イベントを企画、実施しているという前出の水田氏。「参加する人が楽しめるイベントということだけではなく、それを見ているお客様も楽しんでもらえるように。そういう意味で言うと、演出ですとか、ビジョンとかと連動するイベントを行うことによって、見ているお客様も楽しめるように」という点に重きを置いているという。

バラエティーに富むオリックスのイベント

 また、今回のイベント開催によって初めて球場に足を運んだファンが多数いたという結果を受け、同氏は「今回は野球ではなく、コロコロコミックさんとのタイアップイベントをお目当てに足を運ばれた方もいらっしゃると思うのですが、実際に野球を見てみたら楽しさが分かると思いますし、その他のイベントもたくさんやっているので、ぜひまた足を運んでいただけるとありがたく思います」と話す。

 一方、船越氏も「このイベントをフックに、一度試合をじっくりと見ていただいて、野球の試合っておもしろいんだなというのを感じてもらえるとうれしいです。そのためにも、私たちはまた足を運んでいただける企画やチケットを販売していきたいと思います」と話した。

 この3連戦はコロコロコミックとのタイアップイベント、「パ・リーグ親子ヒーロープロジェクト」の開催により、いつも以上に多くの子供たちが球場に足を運んだ。しかし、オリックス球団の魅力的なイベントはこれだけではなく、全国各地で行われている花火大会にも劣らない、3000発の大花火大会や、ペットと球場で野球観戦ができるペットデーなど、打ち出される企画はバラエティーに富んでいる。

 水田氏と船越氏が口を揃えて「足を運んでいただければ、野球やイベントの楽しさを味わうことができる」と語ったように、オリックス球団のイベントには魅力がたっぷりと詰まっている。今回のイベントを機に、2回目、3回目と、球場に足を運んでみてはいかがだろうか。(「パ・リーグ インサイト」編集部)

(記事提供:パ・リーグ インサイト)

関連記事(外部サイト)