代打安打のMLB記録迫るイチロー、米紙に複雑心境吐露 記録は“やり抜く力に”

代打安打のMLB記録迫るイチロー、米紙に複雑心境吐露 記録は“やり抜く力に”

マーリンズ・イチロー【写真:Getty Images】

代打安打は今季両リーグトップの20本、球団記録王手&メジャー記録に「8」

 1シーズンの代打安打の球団記録、メジャー記録に迫るマーリンズのイチロー外野手が地元紙に現在の起用法や記録への思いを語っている。地元紙「マイアミ・ヘラルド」電子版が「マーリンズはピンチに陥ると、イチローを頼る」との見出しで特集している。

 チームで4番手の外野手として位置づけられている43歳は今季代打で両リーグトップの20安打をマーク。ロス・グロードが2009年にマークした球団記録の21本に「1」、またジョン・バンダーウォールが1995年に記録したメジャー記録の28本に「8」と迫っている。ここまで代打で2試合連続のヒットを放っているが、3-1と勝利した18日(日本時間19日)の敵地メッツ戦では9回にネクストバッターズサークルに立ちながら、前打者が凡退し、出番は回ってこなかった。

 この試合前、「マイアミ・ヘラルド」はイチローの代打に着目する特集記事を掲載。「イチロー・スズキはマーリンズのシーズン代打安打記録を更新するだろう。彼はメジャーリーグの記録を更新する可能性もある」とレポートし、記録の更新に期待を寄せた。

 ただ、イチローの胸中は複雑なようだ。これまでも途中出場の難しさについて語ってきたベテランは記事の中で通訳を介して「僕はクラブハウスに来て、ラインナップに入っていないことを伝えられたくないんです」、「同じように準備がしたいんです。同じでありたいし、同じ行動がしたい。これは変わりませんし、これからも変わることはありません」など先発の思いを吐露。一方で「明らかに、この役割を務めるのはタフです」とし、「追い求める(記録)ものがあると、モチベーションになります。やり抜く力になります。少しは支えになると思います」とも語っている。

“代打のエキスパート”は「想像したことない」、「慣れることはない」

 同紙は今季、イチローの先発試合がわずか17試合にとどまっていることに触れつつ、代打で73試合に出場していることを紹介。「彼はドン・マッティングリー(監督)が頼りにするピンチヒッターである」と評した。

 ここぞという場面での打撃を期待されるイチローは記事の中で“代打のエキスパート”としての役割について「想像したことはありませんでした」、「慣れることはないと思います」としつつ、代打での出場に関して否定的な考えではないことも強調している。

 2004年にシーズン最多の262安打という金字塔を打ち立て、10年連続で200安打超え、メジャー3000安打到達など数々の記録を刻んできた43歳。現在も通算3066安打まで伸ばして歴代22位とランキングを駆け上がる裏で、与えられた役割を懸命にこなそうとする様子がうかがえる。

 オールスター以降は打率.324と調子を上げ、代打でも打率.274をマークしているベテラン外野手。残り43試合でどのような活躍を見せてくれるのか、注目だ。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)