鳥谷敬の三塁コンバートは成功したのか…データで見る昨季との貢献度の差

鳥谷敬の三塁コンバートは成功したのか…データで見る昨季との貢献度の差

阪神・鳥谷敬【写真:Getty Images】

8月の月間打率はセ・リーグトップ、出塁率は3年ぶりに4割

 首位広島と8.5差をつけられているが、阪神はここへきて3連勝と勢いが出てきた。打線では福留孝介、復帰した糸井嘉男、そして鳥谷敬とベテランがチームを引っ張っている。中でも、鳥谷は8月の月間打率はリーグ1位の.397と絶好調だ。

 昨年まで遊撃手だった鳥谷は、守備での衰えが目立ち、それが打撃にも影響を及ぼしている感があった。昨季の成績は打率.236、7本塁打36打点と、主軸打者としては全く物足りなかった。しかし、今年は2本塁打33打点ながら、打率.307と上々。特筆すべきは、3年ぶりに出塁率が4割に乗ったことだ。

○セの出塁率5傑と本塁打数

1鳥谷敬(神) .405 2本
2筒香嘉智(De) .4022 19本
3丸佳浩(広) .4019 18本
4坂本勇人(巨) .394 14本
5宮崎敏郎(De) .391 9本

 2位以下の選手は9本以上の本塁打を打っているが、セ・リーグで出塁率1位の鳥谷は、今季わずか2本塁打。長打の恐れのある打者は、相手投手が思い切った勝負を避けるために四球になる可能性が高いが、本塁打が少ない鳥谷には遠慮なく攻めてくる。そんな中で、鳥谷は確実に四球を選んでいることが分かる。本当の意味で選球眼がある選手だと言えよう。

 今季の鳥谷は84試合で6番に起用されている。中軸の後ろに出塁率が高い選手がいることで、下位打線にチャンスを作ることができている。

守備の負担が少ない三塁へのコンバートが奏功

 遊撃手としての鳥谷は、昨年はチームのウィークポイントと言われていた。

○2016年セ遊撃手のRF(1試合あたりのアウト処理数)ランキング
(規定試合数以上)
1田中広輔(広) 4.83
2坂本勇人(巨) 4.72
3堂上直倫(中) 4.68
4倉本寿彦(De) 4.01
5大引啓次(ヤ) 3.87
6鳥谷敬(神) 3.75

 1試合あたりのアウト処理数では、昨年の鳥谷敬は1位の田中(広島)と比べて1個以上少なかった。投手がゴロを打たせても、安打にすることが多かったと言えよう。連続試合出場こそ続けていたが、攻撃でも守備でも限界が近づいている、と思われていた。

 そんな中、鳥谷は今季から三塁手にコンバートされた。

○2017年セ三塁手のRFランキング
(規定試合数以上)
1マギー(巨) 2.26
2安部友裕(広) 2.23
3宮ア敏郎(De) 2.12
4鳥谷敬(神) 2.08

 鳥谷は、三塁手として守備範囲が広いとは言えない。しかし、1位マギーとの差は1試合あたり0.18、三塁手は遊撃手よりも守備機会が少なく、チームに与えるマイナス面の影響はそれほど大きくない。

 守備の負担が遊撃手より軽い三塁手にコンバートされたことで、鳥谷の打撃は復活した。そして、攻撃と守備の総合点でも、鳥谷の貢献度は昨年より大幅にアップした。

 ヤクルトの宮本慎也など、遊撃手から三塁手にコンバートされて息を吹き返し、選手寿命を延ばした例は過去にもある。鳥谷敬もコンバートの成功例になったのではないか。(広尾晃 / Koh Hiroo)

関連記事(外部サイト)