好調の日ハム大谷、6戦連続安打となるタイムリー 抜けてくれてよかった」

前日まで4試合連続マルチ安打、初勝利目指す上原に貴重な援護点

 日本ハムの大谷翔平投手が6試合連続安打となるタイムリーを放った。20日の西武戦(札幌D)。1点リードの3回に追加点を挙げる一打を放った。

 この回1死から西川が左前安打で出塁すると、松本も左前安打で続き1死一、三塁。大谷は西武先発のファイフの初球、内角高めへのカットボールをはじき返した。打球は一二塁間を抜け、右前へ。リードを2点に広げる適時打となり、プロ初勝利を目指す先発の上原に貴重な援護点を送った。

 これで6試合連続安打とした大谷は「チェンジアップだと思いますね。詰まって当たりもよくなかったんですけど、抜けてくれてよかったです」とコメント。前日までは4試合連続マルチ安打を放っており、打撃の状態は上向いてきているようだ。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)